ラムスかわら版

講師紹介(野村)

厳しさと優しさをもって指導するようにこころがけています。Let's study English together!

ラムスにはミニ英文解釈というものがあります。一枚4、5行で構成されているので、一枚を10~20分で解けます。それを繰り返し行うことによって、英語に対する苦手意識を取り除いていきます。

まず、単語力が少ない生徒が非常に多いので、ワードリストを用意しています。そして、読む題材も生徒が読みやすい物を選ぶようにしています。そして、英文を頭から理解していく「スラッシュリーディング」を指導しています。それによって意味が理解しやすくなり、日本語に引きずられる誤訳も防ぐと同時に速さも身に付きます。

クロスワードパズルなどを用いてゲーム性を持たせ、自分で英語に取り組むように工夫しています。

基本計算は高校数学でも非常に重要になります。計算ミスをよく犯しますが、計算式を省くのではなく、たとえ時間がかかったとしても計算式を書かせて正解を導き出せるように指導しています。

中3生で3次の文字式を扱っている学校もあります。それは生徒にとっては複雑で大変なものなのですが、降べきの順など基本ルールに基づけば必ず解けるということを示して励ましています。

また図形の補助線の引き方は難しいのですが、解答以外にも色々な引き方があるので生徒に自分で引くようにすすめています。そしてその中で試行錯誤する中に、数学の問題を解く楽しみがあると思います。

講師紹介(野村)  | 「講師紹介」長谷川 >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ