ラムスかわら版

継続の先にあるもの

こんにちは、塾長の渡辺です。
前回「継続」することと、その方法についてお話しました。今回は、「継続の先にあるもの」についてお話しようと思います。

前回のブログでも書きましたが、やはり「継続」することは難しく、言い訳を考えて中断して自分に負けてしまいがちです。
そんな時に必要なのは「変われる自分をイメージすること」。私のランニングの話なら、「30分走っている自分をイメージする」ことです。そして、継続して30分走れるようになったら、"良い"自転車を買おうと決めています。時には、自分にご褒美を与えることも必要だと思っています。

英単語を覚える場合は、単語を10分やってそれがどんどん増えていって将来的に長文を読めるようになる自分を強くイメージすることです。「成功している自分」のイメージはキープすることが難しく、とても儚いものなので、そのイメージを頻繁に持つことも大事です。

以下は、英語科の大串先生おすすめの英単語の記憶法です。参考にしてみてください。
この通りにやってみて、私のランニングのようにキツイと感じてしまったり、復習の段階できちんと覚わっていない場合は、スケジュールを自分に合ったペースに微調整することが必要ですので、相談してください。


~単語の"現実的な"覚え方~
1日の個数を決めて、土日は復習
前日の復習は必ずする
月:1-30
火:1-60
水:31-90
木:61-120
金:91-150
土日:1-150


ちなみに大串先生は、英語に関するミニ講義動画をTwitterに投稿することをほぼ毎日「継続」していて、現在4ヶ月目ということです。

< 継続は力です  |  継続の先にあるもの  | 小論文について >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ