ラムスかわら版

私立大学医学部 推薦入試結果

こんにちは、塾長の渡辺です。
この度、私大の医学部の推薦入試にラムスから6名の生徒が合格しました。

具体的には
藤田医科大学 医学部2名 / 愛知医科大学 医学部4名

です。

今日は医進コースを受講していて、愛知医科の医学部に推薦入試で受かった生徒の例をお話ししたいと思います。「医学部に受かるために特別なことをやっていたのではないか?」と皆さん思うのではないかと思うのですが、そうではありません。むしろ、今回合格した彼がしてきたような、地道な努力こそが重要なのです。

実際の彼のチェック表(医進コースで使ってきたもの)をお見せすることで、

①既習範囲の徹底的な復習(彼はそれを高2の2月から高3の11月までやりきりました。日付を見てもらえば、期間をあけて復習していることが分かると思います)。
②学校で習う新規事項の定着

こそが第1優先であること、そして

注:背伸び学習(自分の実力に合っていない教材や授業)をしない→応用力をつけるという言葉につられない。

応用力とは徹底した基本技の先にあるということを納得してもらえればと思います。

そして、この冬1からしっかりやるぞ!と強い気持ちを持って、地道な勉強をしてくれることを願います。

これが彼が医進コースでやっていた実際の数学の進捗表です。

ishin_sugaku.jpg

表の真ん中のあたり「その他」のチャートレベルの復習の欄を見てください。

高2の2月から始めずっとやっていて、約3ヶ月かけて復習をしました(ここでは青チャートの例題→黄色チャートレベルのテスト)。

そして、高3の6月中旬からまたもう1回やって(今度は青チャートを全てやるのではなく、青チャートの例題から抜粋した例題集で基本事項確認→青チャートレベルのテスト【抜粋例題テスト:少し難しめ】。

そのころから数学Ⅲのチャートの例題を1からはじめ(表の右側)ました(青チャート+抜粋例題のテスト)
ここで黄色チャートのレベルのテストをⅠAⅡBと違って入れなかったのは、ⅠAⅡBを1周しっかりやることで、基本的な数学力がついてきたと判断したためです。

とにかく繰り返しです。その都度、苦手なタイプな問題を把握しては、フォローテストなどもやりました。

そして推薦入試を受けると決めてからは、過去問と分野別強化演習もやりました(これは表には出ていません)。

この数学の表からも、彼がこれだけやったんだという"やった感"があるのが分かると思います。

その下は、センター試験の演習の欄です。これもコンスタントにやりこんであり、1回目のマーク模試まで、ちゃんと成績が伸びてきているのが分かります。もちろん多少の点数の上下がありますが、大事なのは1回1回の点数でパニックにならず、客観的に判断することです。こうした地道な努力をして、最後に過去問を解きました。

「私立の医学部だから、難しい問題集をやったり授業を受けてみたりしたい」という気持ちはわかりますが、彼のしたようなこうした手堅い地道な努力を、生徒のみなさんにはしてもらたいと思っています。


ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ