ラムスかわら版

いつまで新しい問題を解くか(センター直前編)

こんにちは、塾長の渡辺です。冬期講習も終わり、受験生にとってはセンター試験が近づいてきました。
今回は、センター試験を約10日後に控えた時期にすることについてお話したいと思います。

この時期になると、新しいセンターの全体演習(過去問等)はいつまで解くのか?と生徒の皆さんは思うと思います。
ラムス全体を見ていても、センター試験の前日まで新しい問題を解いている生徒もいます。
いつまで問題を解くかというのは個人の気持ち次第ではありますが、冷静に考えてみると、過去に河合塾のマーク模試を受けていれば、それだけでも5・8・11・12月で4回分の模試の問題があります。
さらに、自分で解いたセンター本試験の過去問が3年分くらいあるとすると、毎日1年分ずつ復習したとして、1週間かかります。ラスト1週間は、それらの復習をメインにすれば十分だと思います


社会や化学など暗記系の科目は、新しい問題をやって覚えていくというのもありだと思いますが、国語や英語に関していえば、現代文や英語の長文問題(第5・6問など)は直前に解いて良い点数が取れないと、パニックになりやすいです。生徒は自分自身ではそれが難しい問題なのかどうかの判断が出来ないからです。

私が生徒に提案しているのは、思い切って"良い点数が取れた時点で(全体演習を)解くのをやめにする"ということです。ラスト1週間で解いた問題によって不安な気持ちになり、時間配分などを設定し直したりしていると本番にかえって悪い影響が出てしまいます。

本番で力を出せるかどうかが重要です。

学校などでもマーク模試のパック問題を配られているかと思うので、復習がありすぎて優先順位が分からなくなっている等、相談があれば聞いてください。

< 2019年2月【ゼミ予定表】  |  いつまで新しい問題を解くか(センター直前編)  | センター試験に向けて >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ