ラムスかわら版

サッカー部と医進~2018年度 愛知医科大学医学部合格(金城学院高校)塾長回想談

愛知医科大学 医学部 R.A 金城学院高校

勉強する気持ちはあるし、努力もする。それは彼女の数学チェック表(末尾に写真あり)から見ても分かります。そんな彼女に足りなかったもの―それは何をやるべきかの決断&計画力。そして1問に対しての粘り(努力する根性はあるのに)。

医進コースでは1週間あたり5時間あまりに及ぶ指導の中で生徒の状況を把握して、1週間何をすべきかの指示⇒「週間ロードマップ」を出します。そしてその実行を月から土までのレギュラーコースのシステムでフォローします。そのシステムがサッカー部の部長という立場での「部活との両立」で忙しかった彼女に合っていたと思います。


もう1つの粘る力。最初は彼女の勉強する姿勢に圧倒され気付かなかったのですが、指導を重ねるうちに、以前に2回くらい解説を受けて復習したはずの数学の問題でも「分かんない!」と言って、何も書かずに終わってしまうことが多いことに気づきました。問題文を読んで、そこに書かれている情報を1つ1つグラフや式にしていく。そうすれば自ずと何をすべきか見えてくるのに、そのはじめの1歩をしない。これは生徒によくあることなのですが、「解答の流れが最後まで見えないと進めない」というものです。
しかし私立大学の医学部でも記述式が出題される大学は結構あり、1手1手丁寧に進めていく力は絶対必要です。ですから私は折にふれ、彼女にその弱点を指摘し、そして適切なヒントやアドバイスを繰り返し伝えることを意識しました。さらに入試直前は豊富な過去問演習をしていくことで、落ちついて粘ることができるようになりました。


その過去問演習の中では、「正直この問題は解けないだろうな」というものでも彼女が粘り強く考え、計算を進め、そして正解にたどりついていたということが出てくるようになり、私自身その成長をうれしく思いました。
とはいえ、合格の一番の決め手は彼女の努力にありました。その努力が結果の出るように勉強法と環境を整えることができて良かったと思います。これからの受験生には、彼女のロードマップをみて、医学部に合格する努力とはどんなものか感じ、くじけることなくがんばってもらいたいです

roadmap.jpg

【うらばなし】
当初はこの回想談のタイトルは「努力の女王!」でした。それは、まさに彼女は努力の人。しかも愚直なまでの努力を積み重ね、それがゆえに一層その姿はこちらが引き込まれるものだったからです。その「美しい努力」に敬意を表して「女王」という言葉を使おうとしたのですが、他の方の意見もあって今回のタイトルに「サッカー部と医進」も「部活と両立」してきた彼女にぴったりです。
昨日、彼女とお母様にお会いしてお話をしていたのですが、大手予備校の授業形式に不安・不満を感じていた時に、お母様がラムスの広告の「部活と両立」という言葉を見て、すぐに塾を見にいってみようとなったようです。そのお母様の決断力こそが今回の良い結果をもたらしたのかもしれません(笑)。

< 勉強する上でのコツ~基本を大切&効率よく  |  サッカー部と医進~2018年度 愛知医科大学医学部合格(金城学院高校)塾長回想談  | ある日の自習室 >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ