ラムスかわら版

集団授業からの脱却⇒学校の勉強と受験~藤田医科大学医学部合格(高校部)塾長回想談

藤田医科大学 医学部 高校部

彼女がラムスに入って医進コースを始めて間もないころ、突然
「○○(大手予備校の名前)をやめてきましたー」
と、さらっと何の未練もないという感じで言ってきました。その理由を先日聞くと、
「上のレベルの授業を受けていたが、正直分からなかった。そんなのに意味はないと思って」
という答えでした。
この話を聞くと、多くの方が「そりゃ当然だ」「やめて正解」と思われるかもしれません。しかしこの当たり前がなかなかできないのが、この受験の世界でもあるのです。

私自身は授業自体を否定しているわけではありません。ただ自分のレベルに合っていない授業を受けることによる非効率さ、授業だけを受けていればいいという安易な考え、難しいことをやらなきゃという焦りのあまり基礎を疎かにする態度は問題です。
ですからラムス内の授業でも、必ずしも授業を全員に勧めているのではなく、個別で質問することや添削があっている生徒にはそちらを勧めますし、また授業の中でも「自分でやることの重要さ」「基礎の重要さ」を伝えています。

しかし基礎を繰り返しやるということは地道で、授業に比べると刺激がないのも事実です(もちろん、その基礎の積み重ねの中に自らの成長を感じることができる瞬間があるのですが、それまでに時間がかかります)。私が嬉しかったのは彼女が自らその厳しい道を、しかもそれが自分にとって大切だと判断して選んだことです。それが彼女の合格の大きなポイントでした。

もう1つポイントがあります。それは「学校の勉強」を重視するということです。これはラムス全体、そして医進コースでも第1としていることです。なぜなら「学校の勉強=入試に必要なこと」だからです。塾でやっていることが学校とかけ離れている状態、つまりダブルスタンダードだと、かなり上位の生徒でない限りは機能しません。

現役生にとって大切なことは
・学校で学ぶ新規事項の定着
・既習範囲の定石解法の定着とそれに基づいた応用演習
・状況に応じた科目間の優先順位を明確にすること

なのです。
医進コースでは受験までの大きなカリキュラムはありますが、生徒の学校の状況(定期テストなども含む)、理解状況などをふまえて、毎週ロードマップを作成してやるべきことを決めていきます。彼女は学校の勉強を重視していて、ある週は「学校の物理が全く分からない」ということで完全個別を物理にし、またそれに対応した演習プリントを多めにしたり、別の週は「テスト範囲の数学Ⅲがやりきれていない」ということで、学校の問題集の演習を徹底的にフォローしたりと話し合いながら微調整してきました。そのように科目間での勉強量を調整できたのも、多科目指導している医進コースの特長であり、彼女はそれを十二分に活用してくれたと思います。
学校の勉強を第1にして、自分のレベルに合った学びをする。それが合格に必要なことなのです

< ある日の自習室  |  集団授業からの脱却⇒学校の勉強と受験~藤田医科大学医学部合格(高校部)塾長回想談  | 自習室の立ち席について >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ