ラムスかわら版

卒業生のその後の姿(昔の生徒の結婚式に招待してもらって)

こんにちは、塾長の渡辺です。
講師時代から始まり、ラムスで20年あまり生徒を見てきました。それほど長く講師をしていると、心温まるエピソードも多くあるので、今回はそのお話をしたいと思います。

先日、ラムスの卒業生の結婚式があり、私も招待してもらったので参加してきました。

新郎の彼の方がラムス生だったのですが、彼は生徒のときからマジメででもユーモアもあり、尊敬に値する生徒で、名古屋大学の医学部に現役で合格しました。

たとえば、彼との指導の思い出の1コマとして下記のようなエピソードがあります。

「先生がどんな風に古文を読んでいるか、実際に読みながら教えてください」。
ある日突然彼はそのように言ってきました。私は彼の求めているものがすぐにわかりました。
古文の文法も固め、単語もやってきた生徒がぶつかる壁、それは文脈把握、もっというと「主語の把握」です。
彼は私がどのように考えて主語を決めていっているのか、古文を読んでいる時の私の頭の中の流れを知りたいと思ったのです。

実は私は大学時代、英語の長文をどのように読んでいるか?長文を読んでいる時の頭の中で考えていることをすべて口に出してください...という実験??の被験者になったことがあります。そのため、彼の求めていることが分かったので、ありのまま古文を読んでいる頭の中で考えていることを、ひとりごとのようにつぶやきながら読み進めました。

それが参考になったかはわかりません(苦笑)

ただそこまで知ろうとする、熱意はとても印象に残っています。


合格した後にラムスでチューターとしてアルバイトをしてくれるというパターンがラムスでは多いのですが、彼もそのひとりで、チューターとして指導している時も、生徒の質問に真摯に答えてくれていた姿が思い出されます。

そんな彼だからか、職場の先輩や同級生からも本当に祝福されていて...さらに彼の家族も本当に素晴らしくて、感動しました。
当日の式場ではラムスのテーブルを用意していてくれ、英語課の大串先生・新郎の彼と仲が良かったチューターの講師の皆さんと一緒に、彼が立派に医者になり幸せになる瞬間をお祝いでき本当に良い結婚式でした。

中・高校時代の在学中の勉強に励む姿を見ることはあっても、卒業して就職した生徒の、その後の人生を垣間見る機会はなかなかないことです。

また、新郎側の大学時代の友人のテーブルに、ラムスの卒業した2人が来ていて、声をかけてくれました。世の中は狭くいろいろなところで繋がっているのだなあと思いました。

あたりまえのことですが、あらためて人のつながりの良さ、家族の素晴らしさを感じた1日でした。

< 自習室の立ち席について  |  卒業生のその後の姿(昔の生徒の結婚式に招待してもらって)  | 新学期スタート!早くリズムをつかもう。 >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ