ラムスかわら版

志望理由書

塾長の渡辺です。

推薦の時期になってきました。推薦といえば、志望理由書。最近その相談が多いです。もちろん私立や国公立の医学部をはじめ、一般入試でも志望理由書を必要とするところもあります。

字数にもよりますが、ポイントとしては

①自分がその学部に行きたい理由
②その大学の特徴(パンフやホームページでのレベルで○)

を、まずは箇条書きにしてみましょう。

そして①と②をつなぎます。

当たり前じゃん!と思う人がほとんどだと思います。しかしこれだけで字数をいっぱい書ける人と、うまく繋げなかったり、字数が全然書けない人がいます。

そういう時は

・なぜ?というのをどんどん自問する
・それを補強する体験や事例をあげる

しかし、なかなかこれを一人でやるのは難しいので、学校の先生や塾の先生、もしくは保護者の方にもみてもらうのも1つです。
その話のやりとりの中で、自分を見つめ直せたり、新たな発見があったりします。

あとさいごに。

志望理由書を書くときの注意点は時間を決めてとりかかることです。

とは言っても、「〇〇分で書き上げる」ということではありません。なかなか1回で仕上げるのは難しいので。

私が言いたいのは、1回あたりのアイディアをまとめる時間をきめましょう!

ということです。そうしないと、だらだら悩んでいるだけになってしまい、肝心の学科の勉強時間が減ってしまいます。経験のある方も多いと思いますが、アイディアに行き詰ったときは、10分悩んでも1時間悩んでも結論は同じということはあります。

ですから1日15分だけ考えて、あとは次の日へとかした方が効率的ですし、お風呂に入っている時や歩いている時にふと思いついたりするものです。もしくは寝る前とか。

ただし、そういったときに気を付けることはメモをとること。すぐ忘れてしまうので。

僕もラムスのことで、これをやってみたらどうかな?とかいうのは、案外子供の世話をしている時だったり、スタバでコーヒーを飲んでいる時だったりするんですよね。ですからすぐにスマホのメモに記録します。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ