ラムスかわら版

習慣化のコツ②

塾長の渡辺です。

先回は習慣化のコツ①を話しました。今回は習慣化のコツ②

「決められた分量ができなくても0にしない」

ということについてお話します。

私自身、電車の中でリスニングや単語の暗記をしていると前にお話ししました。そしてそれはできたら

・岐阜駅から電車に乗ったらすぐ!!
・名古屋駅で電車が動き出したらすぐ!!

と決めています、一応。

しかし実際は、電車をホームで待っている間にスマホでニュースを見たり、マンガを見たり、ラインを返したり、ゲームをしたりなど、何かしらの理由で「すぐ」できないことがあります。

気づいたら一宮のようなことも。

そうすると、予定(いつもの岐阜から名古屋駅までの間にできるだろう量)はできないわけです。

このようになると人は

「中途半端ならやらないでおこう」とか
「しっかりやりたいから後でやろう」とか
「明日はがんばろう」とか

何かとその日「少しでもやる」ということを放棄しがちです。


もう1つ別の例をあげましょう。


私は2年ほど前からウオーキング⇒そして今では5分のウオーキングと20分から30分のジョギングをできる限り、朝にしています。

それに関して

「20分以上運動しないと脂肪が燃焼しない」みたいなことを聞いたことがありませんか?

当初は僕もそんなことが頭の片隅にあって、寝坊して10分ぐらいしか運動できなさそうだとそもそも運動しなかったり、今のような時期もそうなんですが「雨がぱらついていて、すぐに運動をやめることになるかもしれない」とか理由をつけてサボってしまう時がありました。

しかし、ある時から

「10分でも5分でもやろう」

ということで、とにかく運動するようにしました。そうすると、次の日やるのが苦ではないような気がしました(完全にOFFにしてしまった翌日に比べて)。

つまり短い時間、当初決めていた量より少ない量しかできなくても、そこには「継続」という目に見えない効果があるような気がします。

ですから安易に0にするのではなく、0.1でもいいのでやること、継続することです。その継続によってエネルギーが雪だるま式に大きくなるのです。

ちなみに、最近の雑誌の記事が何かで読んだのですが、運動は必ずしも20分以上でなくても、効果があるようです。

そして私がいつも言ってるのですが、当初の予定量の0.1でもやることに何かしらのデメリットはあるのでしょうか?

ないはずです。

それなのに、多くの生徒が予定量できなかったことを責めすぎています。

もちろんスマホをいじりながらやってたから効率が悪かったなど反省すべき点があるかもしれません。

その一方で新しいことを習慣化しようとして始めたことに関しては、まずは「やった」、それこそ単語でいえば「単語帳を出した」「単語帳をとりあえず電車の中で手にした」という動作の前段階、つまり「構えた」ということもしっかりと評価してあげてほしいです。

何か説教くさくなってしまいましたが...

とにかく0にしない!!

を目指しましょう。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ