ラムスかわら版

テストのやり直しをしよう!

こんにちは。塾長の渡辺です。

そろそろ夏休みあけのテストも返ってきたと思います。

・どうしてもあっていた!
・間違っていた!・凡ミスだ!
・もっととれた!

などいろいろです。しかし肝心のやり直しはしましたか?

どうしてもテスト直しを後回しにする生徒がいます...なぜでしょうか?

それは次のテストの範囲じゃないから!!

ということが関係しているような気もします。

それよりも、今習っている次のテスト範囲のことを早くやりたい!それこそが次の点につながるし...

という無意識の思いがあるような気もします。


もしくは

答えをみたからもう大丈夫!!

と思っている人もいるかもしれません。

この感触の危うさは、個別医進コースや個別強化クラスでの毎回のチェックテストでも痛感していることで


「来週は今日やったこのチェックプリントから同じ問題が数字の違うものをテストするから、しっかり復習してね

翌週の指導で

渡辺:先週のあのテストちゃんと復習した??
生徒:大丈夫です。ちゃんとしました。
渡辺:ほんとに、ほんとに大丈夫!?(これは私が心の奥底から発しています)。
生徒:うーんと、たぶん大丈夫です。一応やったんで(このあたりで生徒は間違えてもいいように予防線を張ってます...)。
渡辺:よしじゃあ、やってみよ!→フォローテストを渡す。
ちょっと時間がたって解いている生徒を覗き込むと・・・
・答案をさくさく作成して、安心してみていられる生徒
・「あれ??」「うーんと何かこんな感じだったような」とつぶやいたり、とまってしまったりする生徒

の2パターンがあります。

ここまでだけ見ると、かなり私が意地悪な正確に思えるかもしれませんが、私は生徒をいじめたいわけではありません。

ただよく私は保護者の方にも生徒にも言うのですが、

一般に生徒は自分にOKを出すのがはやい!!

ということを、生徒本人に感じてもらいたいと思い、上記のようなやりとりをします。そして彼らを責めるのではなく、

「だからこそ、またこれかー。目つぶってもできるよ」

というぐらいまでやって、初めて本番の緊張感の中でよいパフォーマンスが出せる(ミスをしても許容できる範囲に点数がおさまる)ということ伝えたいのです。

たぶんできるだろうという問題を、もう1回解くのは無駄なように思えます。しかしそのもう1回のダメ押しこそが、分かれ目だと思ってください。

ちなみに、私も娘が小学校のテストを100点の時しか出さないので(100点をためるとごほうびがもらえるシステムらしく)、先日「直しこそが大切だから、それをちゃんとやってお父さんに出しておこう」と言いました。そしたらなんと算数は答えがない!とのこと(娘がなくしただけでしょうが・・・)。がんばって解くしかありません。

と話がそれてしまいましたが、できる限り直しはしましょう。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ