ラムスかわら版

時間で切る勉強

塾長の渡辺です。

私が

・やること(考えることが多い時にスタバで実践していること)
・探し物をして見つからない時

にとりいれていることとして「タイマーで計る!」というのをやっています。

さて、何分ぐらいだと思いますか?


その答えはあとで
...ということで、何かをする時に「量」と「時間」どちらで決めるか迷うところです。両方とり入れてもいいわけですし。

ケースバイケースでいいと私は思いますが、上記のような時に私はこの手法を採用しています。

なぜか?


それは時間を決めることで以下のようなメリットがあるからです。

①締切効果による緊張感と集中力が生まれる。
②だらだらと粘らない。

ということです。

よく勉据する時に「ここまでやったら終わろう」と「量」で決めることがあります。順調にいっている時はいいのですが、眠くなったり、全然進まなかったりすると時間ばかりが経って、結局あんまりだった...なんてことはありませんか?

あと、特に勉強については分からない問題をどこまで考えるのか?という疑問がみなさんにもあると思います。これについてはいつか動画かこのブログでお話ししようと思います。ただ多くの生徒は「悩み過ぎている」と思います。特に習いたての内容などは「分からない」のではなく、「知らない」ということが多いのです。

「知らないこと」は悩んでも仕方ありません。「2回目だから」ということなどもあると思いますが、2回目でも忘れていれば、それはやはり「知らない」ということに近いと思います。

もちろんなんでもすぐ答えをみればいいというわけではありません。一度やったものが出てこないのは、記憶の片隅に追いやられているからかもしれないですし、1回目のインプットの時に、自分がどのように考えたか、ポイントは何だったか?ということを思い出そうとすることは、記憶の強化にもつながります。

このあたりのバランス(答えをいつみるのか?)が難しいのです。まるでこれは探し物をしている時に似ていませんか?

探せば探すほど意地になってしまう...みたいな。そして結局見つからなくて、後日に出てくるみたいな。

ですから、あらかじめ悩む時間を決めてしまうのです。

これは何も中高生の勉強に限らず、応用できますのでぜひ試してみてください。

では、何分がいいのでしょう?

諸説あるでしょうが...

色々な本や雑誌の記事を見ると、人間の集中時間は「15分」ぐらい・・・ということが多いです。

これを基準に私は決めています。しかしこれも硬直的でなく、

・ラムスの運営や打合せの内容を考える時→15分から20分
・物理のエッセンスをやっている時→10分
・英語の長文をやるとき→25分

などです。

そして、ここもポイントだと思っていますが...

時間になったら途中でもやめる!!(もちろんあと少しで解けそうなら別ですが・・・その判断も難しいです)。

そしてまず他のことやる!

「えーそんなの気になっちゃうじゃん」という反応が聞こえてきそうです。

それでいいのです!!以前、話したかもしれませんが、これを「ツァイガルニク効果」(確かですが・・・)といい、またそれがやりたくなるというか、脳がそれを忘れないのです。ちょうど、テレビでも中途半端なところでCMにいくと、気になってCM後まで見てしまうのと一緒です。

ですから、一度他のことをやって、また15分後にそれをやってみると新鮮な気持ちでやれたりします。

とはいえ、すべての勉強を「15分」とするのも難しいですよね。

このあたりをどう柔軟にとりいれるか?というところもポイントです。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ