ラムスかわら版

マルチタスクを遂行するには?

塾長の渡辺です。

中間テストが近づいてきました。気が付いたらGWもおわってしまい、焦っている人もいるかもしれません。

あれもやらないと...これもやらないと...でも部活もまだ1週間前まであるし...などパニックになっている人もいるかもしれません。

さて、そのようにやることが多くなった時のコツについて、今日は少しお話しします(あくまで個人的な感触ではありますが)。


●方法1 やることを絞る!優先順位を明確にする!

これはラムスの基本方針でもあります。大学入試の配点の50%以上を英数が占めることが多い、また積み重ねの要素も強く、層の厚い科目(もちろん他の科目はそれはそれで難しさがありますが)であるという点から、これらを中心に勉強する。そして、そこをメインに、理系なら次に配点の高い理科、文系なら国語などに重きをおいていくというものです。具体的には

例)テスト2週前から1週前 とにかく英語と数学を勉強の8割以上に割く
  テスト1週間前から直前 英語と数学の割合を落として、他の科目に時間を割く

といった具合です。もちろん、こんなおおざっぱな感じではなく、もう少し丁寧に考える必要はありますが...。実際、生徒の勉強の悩みとしては「内容そのものが分からない」という面と、「どれをどのくらいやったらいいのか分からない」という「時間・量配分」の面ががあります。今回はこのテーマについては掘り下げません。


さて、今日のテーマはマルチタスクです。これをどうして話そうかと思ったかというと

「私時間の使い方が下手なんです」
「全然勉強がはかどりません」
「効率が悪いのではないか?」

という声に対して、1つの提案をしたいと思ったからです。

●方法2 100%仕上げをいきなり目指さず、70%まずは仕上げる!

※成績によって50%にしたり、80%にしてもいいと思います。

時間の使い方が下手というか、達成感が得にくい生徒の1つのパターンとして、1つことをじっとやってしまう。または完璧を目指してそれに時間をかけてしまうということがあります。

もちろん、それは良いことでもあり、将来的には完璧にする方が望ましいかもしれません。しかし、ときにそれが勉強の効率を下げることになります。

掃除を例に考えてみましょう。

最初は大きなゴミを取り除いたり、いらないものをざくざく捨てたり、一気に進みます。

しかし小さいゴミが気になりだして、それを拾い出したら、そこだけきれいなのも嫌だから他もやりたくなったり...(こういうのは保護者の方だと洗車とかを思い浮かべてもらうといいかもしれません)。

そして0から70%まで持っていくのと、70%から100%まで持っていくことにおいて、必ずしも労力が70:30というわけではありません。

案外、仕上げの30にかかる時間の方が長い...なんてことがありますよね。それにかかりきりになって、他のことができなかった(もしくはその気力がなくなった...)なんてことがあると思います。

ですから、ですから勉強だったらこんな感じでやってみたらどうでしょう?


☆例☆

●STEP1
数学⇒まずはテスト範囲の教科書の例題と傍用問題集の例題のみしっかりやって仕上げる(チャートならチャートマーク2までとか)。
英語⇒まずはテスト範囲の単語とイディオムだけすべて書き出したり、単語カードを作る。
化学⇒教科書や授業でやった例題+学校の問題集の基本問題と例題のみやる。

など。

そして上記のことができるようになったら

●STEP2
数学⇒教科書の章末 または 問題集のBの※をやる(チャートならマーク3までとか)。
英語⇒単語カードの暗記+リーディングの構造確認

とレベルアップしていきます。科目によってはSTEP1でとまってしまうこともあります。しかし、とりあえずすべての科目をSTEP1を達成することを第1とするのです。こうすることのメリットとして、以下のとこがあげれます。


【メリット】
・とりくみやすいレベルからやるので勉強のリズムが出来やすい。
・テスト範囲が終わらないということが少ない(STEP1をやるので、とりあえず全範囲やれることが多い)。
・STEP1が固まっていれば、STEP2へいく時に土台ができているので、やりやすい

などです。デメリットというか、リスクとしては

【リスク】
・そもそもSTEP1と2に適切に線引きができない⇒どうしたらいいか迷う場合は相談すればOK。
・部活などで時間がないので、そもそも復習科目やる余裕がないので、多科目に取り組む余裕がない⇒その場合は方法1が中心になります。
・結局、100%しないと気がすまなくなってしまう。

などです。


実際のところは生徒の状況や性格、学力、目標に応じて方法1と2をミックスしていくことになると思います(例えば数学・英語は80%をめざし、化学はまずは50%を目指すなど)。

いずれにしても、私は上記のように自分のタスクを進めていることが多いです。

以前、ある先生から

「どうして渡辺先生はそんなに多くのことを同時進行できるのですか?」

と聞かれたとき、

「すべてを70%ぐらいまでやっておくことかな。料理でいうなら材料の準備と下味までつけておくような。そしていざとなったらそこから一気に仕上げる!みたいな。その時のかけれらる時間で、100%に近いものができることがあるかもしれないし、80%だったり、もしくは70%だったりすることも」

と答えました。

何も私も初めから、上記ようなスタイルでやっていたわけでなく、色々な人の本や自分で試してみて上記のような方法をとっています。

もちろん、必要な時は初めから100をめざします!(もちろんそんなに簡単にいきませんが)。

ちなみに今日のブログの記事も、途中うちかけで2回ほど中断しています...。

そして煮詰まりやすいので「10分」のタイマーをかけてやっています(これについては先週のブログで話しました)。

また「やりかけ」により「ツァイガルニク効果」で再開しやすくしています(これについても先週のブログへ)。


さて、最後にこのやり方の注意点(やりかけ方法も含め)としては...「やりかけが増えすぎて、やることを忘れてしまうこと。たまりすぎないこと。」でしょうか。

ですから、結局たまってきたら優先順位を決めないといけないのです。

いずれにしても「方法2」は「最初は丁寧かつ細かくやっているけど、結局間に合わない!ってなってテスト範囲全体がやれない、ぐちゃぐちゃになってしまう・・・」という人に向いているかもしれません。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ