ラムスかわら版

焦点を絞って直前は仕上げよう!

こんにちは。塾長の渡辺です。

多くの学校で定期テスト中、または定期テスト直前になっています。

テスト前でやることが多すぎてパニックになっている人はいませんか?

そういう場合は落ち着きましょう。そして以下のようにしていきましょう。

①まず各科目のやるべきことを書きだす。
これも時間を決めて書き出すといいです。なぜなら、全部を思い出そうとしてやたら時間をかけると、小さいことまで出てきます。テストまで時間がないので、各科目2つから3つもかければ大丈夫です。

②各科目でやるべきことに優先順位をつける。
これも悩み過ぎず、1位と2位だけ決めれれば十分です。

③とにかくひたすら②で決めた1位からやる!

本当はさらに科目間での優先順位がありますが...。

学習が非効率な生徒のあるパターンとして

1.何をやるかをいつも悩んでいる。
2.1つのことをやっていたら他の課題が終わらなくなる(借金が残る)。

ということがあります。


1.の人は電車の移動時間や待ち時間、またはラムスに入った最初の5分から10分で今日やることを順番に(上記の優先順位にもとづいて)付箋にでも書き出しておきましょう。

2.の人は難しいところですが、時間で切って進めましょう。そして必ずタイマーで時間を計ること。ただしスマホで計るのは、ラインなどで集中力が乱れるリスクがあります。ラインなどの通知をOFFにしておくのもありますが、タイマーを見るために画面を開くと「メッセージ来てます」みたいなのがあって...ということがありますよね。ですからストップウオッチとかがいいと思います。


ちなみに私は医進や個別強化クラスの運営の時は定期的に生徒を見回るために砂時計をつかっています。もちろん多少の時間の誤差はありますが、それは問題ではありません。なんとなく、そういったところに自分の好きなものを入れ込むこともいいのではないでしょうか?

すると、時間が来たらとにかくやめる!!やりかけでも。これは再三いっている「ツァイガルニク効果」です。

そして3時間に1回とか、その日の終わりに1時間くらいやり残しをやる時間帯を設けてみましょう。

もちろん、時間できるのが合わない人もいると思います。私は時間できるタスクとそうでないものをある程度分けています。

最終的にはそのように調整できるようになれれば理想です。

いずれにしても、うまくいっていない人で、これやってみよかなって思った人はトライしてみてください。そういったことを繰り返すことで、自分にあった組み合わせが見つかります。

よくないのは、うまく機能していないのに今までのやり方を変えようとしないことだと思います。

to do リストはいけない!という人もいます。

それはto doリストを作ることが目的(ゴール)になっている人もいるからというのもあると思います。

その一方で、上記のような簡単なto doリストは自分のやったことの可視化による達成感を得ることもできます。このあたりも生徒の性格などもあると思います。

とにかく自分にあったスタイルを見つけていきましょう。

ちなみにこのブログもタイマーで計って書いてみました。何分だと思いますか?

塾生の人は良ければラインで答えを送ってみてください。

急いだ部分はあるので、読みにくいところがあったらごめんなさい。

しかしこれも時間を意識することで、いつもより緊張感を持ってかけました。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ