ラムスかわら版

わが子と正面衝突しない、垂直にあたらない

塾長の渡辺です。

今日は先日の保護者会でお話ししたことの続き、その2をお伝えします。

夏休みにもなり、お子様が自宅にいる時間も増えたと思います。

期末テストの結果もよかったり、日ごろからよく勉強していたりすれば、保護者としては言うことはありません。

しかし、実際はなかなかそうはいきません。

よくある相談例としては

受験まであと半年なのに、まったく緊張感がない


具体的には

・朝早く起きない。
・家でまったく勉強しない。
・スマホばかり家でいじっている。


そんな姿を日々見せつけられては、保護者の方からしたら、


「今の自分の状況分かっているの?分かっていたら、どうしたらいいのか分かるよね?」
「ちょっとぐらい、今日やったことの復習をしようとか思わないの?」
「私が受験生の時はもうちょっとやったよ。どうしてやらないの?」
「うちは国公立しか無理なんだから、もっとやりなさい!。浪人もさせれないよ!」


という言葉が出るのも無理はありません。

そして、これらの言葉はある意味正しいことが多いです。

ただあまりに正しいからこそ、生徒としては自分を防御するしかありません。

なぜなら、防御しないと自分が持たないからです。


具体的に彼らのとる行動しては、


・だんまりをきめこむ(持久戦に持ち込む。もしくは言い返したら何倍にもなることが分かっている...)。
・とにかく怒りをぶつけてくる(「僕だってかんばっているんだ」「塾で十分やってきたんだ!」)。
・自分の部屋に閉じこもる(ある意味「籠城」です。
・泣く(これは嘘泣きとかではないと思います。言葉に詰まってそうなってしまう人も一定数います)。


などの反応をします。

そうすると保護者の方としては、ますます理詰めで話していくと思います。論理では保護者の方に分があることが多いです。

冷静に話しているうちはいいのですが、こちら(保護者)も1人の人間です。
聖人君主ではないので、あまりに相手(生徒・わが子)が強情であったり、態度を改めようとしないと、イライラしてきます。そして感情的になり、そのような衝突が増えてきます。

そして、感情的な対立となってしまいます。

このような状態を「正面衝突する」、また「垂直にあたる」と私は呼んでいます。

イメージで言うと「→←」、「→↑」という感じでしょうか?

親子、家族だからこそ上記のような衝突もできるのだと言えますし、一定量は必要と言っては変ですが、避けられないものだと思います。


その一方で彼らにどれくらい寄りそう、または彼らの立場に立ってみようとするのはどうでしょうか?

イメージとしては

(わが子)→
(保護者)→

これが簡単なようで難しいです。

話しを聴くのはもちろんですが、一緒に解決策を考えるんです。


例えば、「朝早く起きるためにはどうするか?」ということを一緒に考えてみます。

ポイントはそれを単なる本人の気持ちの問題だけにしないことです(もちろん本人の気持ちの問題が大きいですが...)。

私だったら、すぐにネットで一緒に「早起きのコツ」と入力して調べます。

すると

・朝は太陽の光を入れるといい→遮光カーテンならそれを変えたり、カーテンあけたりまでは力を貸す。
・スマホのアラームだとついつい2度寝してしまう→昔ながらの鐘??の目覚まし時計を買う、またはネットでいっしょに探す。
・面白いスマホのアラームを探す→例えばイケメン執事のだったり、先輩風だったり...正直家族に聞かれたらちょっと恥ずかしい...ミニオンのならいいですが。

など色々出てきます。

本来なら彼らが自分で考え、行動するべきですが...案外彼らは上記のような調べて、そして実際に取りいれてみるということをしません。

取りいれてみてダメだったらまた別の手法にトライする!

そういった積極性は1人ではなかなか身に付きません。身に付くまでは周囲がフォローしてあげることも効果的です。

とはいえ、なかなかこれは大変です。

なかなか提案しても彼らは動きませんし、継続できないことも多いです。そうすると結局イライラと。

そして衝突してしまう...これはやむをえないかとも思います。

そのような時はぜひ塾の先生や学校の先生に相談してみてください。

親子よりも、先生と生徒の方がすんなりいくこともありますので。

< 高3向け保護者会を終えて  |  わが子と正面衝突しない、垂直にあたらない  | 夏期講習・単語クラブ活動中! >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ