ラムスかわら版

テスト答案から見たらわかること(あてはまりますか?)

塾長の渡辺です。

多くの学校で中間テスト(2期制の場合は期末テスト)が終わり、答案が返ってきています。

いつもその時にお伝えしていますが、点数だけでは分からないことがたくさんあります。

ですので、ラムスの塾生はもちろん、他の塾に通っている場合でも可能ならテストの答案を見てもらうといいかと思います(ただ塾によっては学校のことは関与しませんというスタンスの塾もありますので...)

実際、今回も多くの生徒の答案を見させてもらっています。その中で比較的多くの生徒にあてはまる、またはそのような生徒が一定数いる内容を簡単にご紹介します。


●数学で説明または途中経過が不十分で減点されている⇒できた思ったのに減点されているものは必ずその理由を把握しよう!

私立中学受験を経験してきた生徒にちょくちょくいるのですが、頭の中で計算などをやってしまえる生徒がいます。そしてそれであっているのです。

結構前の生徒で、物理がすごく得意な生徒がいました。その生徒は他の生徒が何行もかけて計算するものを、図もかかずに、計算式もかかずに解いてしまうのです。

そこまでとはいいませんが、答えだけ書いておしまい!というのでは、なかなか点数がもらえません。この記述の有無に関する採点は以前よりも厳しくなってきたような気がします。

しかし生徒からすれば、「答えがあっているんだからいいじゃないか。わざわざわかっていることをなぜ書かないといけないんだ」という気持ちがあるのも理解できます。

その時私は以下のように言います。

・いくら答えが合っていても、それを○とするか×とするか決めるのは審判、つまり学校の先生であり、受験で言えば採点官。だから、審判がそうジャッジするならそれに僕らが合わせる必要があるよいうこと。

・例えば、自分の答案が市販の問題集の解説として載っていたらどう思うか?特にそれが自分が分からない問題だとしたら、そのレベルの記述で自分は理解できるか?またはその解説に満足するか。


●よく勉強しているのにテストになると基本問題でも落としてしまう。あとからやったらできるのに・・・

学校の問題集を一生懸命やっているのは、自習時の姿勢を見ていればわかります。それなのにテストでいつもとれない、しかも教科書の例題や問題集のA題レベルのとれるはずのもので落としてしまっている...

このような生徒は直前のチェックテストが足りていない可能性が高いです。

ラムスの個別数学強化クラスの生徒などの場合は、それまでに解いたプリントの問題の順番をかえたものをやってもらうなど、とにかくアウトプットを豊富にし、間違えてもらうことで仕上げていきます。

本番に弱い生徒は問題集をいつも順番通りにやっているので、そのノリで解けるけど、テストになると順番が変わったりしてパニックということも少なくありません。

とにかく問題集の中ならできたものが、プリントになるとできない!という経験をすることが大切なのです。それが「できるようになったつもり」を「できる」に変えていくのです。

ただそのようなプリントをなかなか自分では作れないですよね。そういう人は・・・


・友達同士で3問ずつ選んで解く
・自分で問題集をガバっとひらいて、それを10分で解く!

などのやり方もあると思います。

ラムス生の人は個別クラスの人は十分演習プリントをやっているはずですので、とにかく間違えたものを日にちをあけて復習、そうでない人も「プリントお願いシート」を使ってプリントを作成してもらってはどうでしょうか?


●計算ミスが多い。

これは学年、テスト問わず、永遠の課題かもしれません。どれだけ実力がついても、その不安からのがれることはできません。

とはいえ、答案を見てもらうことで、自分の計算ミスの癖や検算をすべきところでしていない、などのことが分かることがあります。ですから自分がどのような計算ミスをしたのかをしっかりと復習し、それを防ぐ、見つけるためにはどうしたらいいかを考えるべきです。

その際に気を付けたいのは、すべてを「気を付ける」という一言で済まさないことです。

もちろん問題の読み間違いなど、気を付けるしかないものも多くあります。

しかし、その一方で、具体的な行動としてできることもあります。以下に一例をあげておきます。

・計算の1行多くする。

多くの生徒が「展開と移項」、「移項と両辺をある数でわる(もしくはある数をかける)」などを一度にやっています。1手間多くかけることでミスを減らせます。

・2ケタ以上の筆算は逆算して検算する。

例えば「91-27」など繰り下がりがあるものを間違える人は多いです。そういう人は筆算をして、さらに逆算をして検算するという方法があります。

・連立方程式の解を出したら、代入して検算する。

これも出た答えを立てた式(どれでもいいわけでなく、決まりがあります)に代入することで検算できます。

・平方完成や因数分解で間違える人

必ず展開することで検算する。

などです。

いずれにしても、失敗こそ最強のインプット!という信念で見直しましょう!!

< 東海高2/高1/中3 実力テスト 数学対 ...  |  テスト答案から見たらわかること(あてはまりますか?)  | 高1/2生の保護者の方対象の保護者会開催 ... >

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ