ラムスかわら版

入塾説明会/保護者会開催のお知らせ

下記日程にて入塾説明会、保護者会を開催します。

入塾説明会に参加をご希望の方(今塾生でない方)はラムスホームページのお問い合わせのメールまたはお電話にてご予約ください。


●入塾説明会
3/13(土) 11:00~12:00
3/14(日) 11:00~12:00

入塾説明会では

・ラムスの基本方針
・レギュラーコース/個別強化クラス/個別医進コース
・春期講習

の説明を予定しております。

会場 千種本校
Phone 052-934-0940
Mail info@rams-yobi.com

上記日程でご都合が悪い方は、個別相談会を実施しますので、メールまたはお電話にてご相談ください。


●保護者会
主に塾生の保護者並びに塾生対象の保護者会ですが、塾生でない方も参加できます。
学校/学年ごとに日時が分かれておりますので、詳細はラムス千種本校で配布中の案内か、もしくは下記PDFでご確認ください。

塾生の方は出席、欠席問わず出欠票の提出またはメール等での出欠のご連絡をお願いします。

2021春保護者会開催のお知らせ(pdf)

キリのいいところまでやる?

塾長の渡辺です。

今日は久々に豆知識というか、私が今年に入ってから実践していることを紹介したいと思います。


ここ数年、特にここ1年、特に私自身は「どう生徒を教えるか?」ということに加え、


・どう生徒がよい学習習慣を確立できるか(習慣化)
・どうしたら質の良い勉強をできるか(質的向上)

ということに焦点をあてています。えてして講師は「うまく教える」ということに傾注しがちですが、いくらよいインプットのきっかけを作り出しても、それを自分のものにするためのアウトプットの時間、また基本事項を定着する時間をしっかり確保しなければ、

・教えてもらったときはわかるんだけど・・・

で終わってしまいます。

このようなことを意識していて、雑誌の記事を読んだり、本を読んだり、ニュースを見たりしているとそのような情報にアンテナが働くようになります。これについても話をしたくなりますが、いずれにしても私としては良いと思うものが自分で取り入れ、生徒や保護者の方に参考になることがあれば紹介したいと考えています。

さて、本日のテーマにうつります。

今みなさん勉強をしているとしましょう。ちょうどやりはじめて50分ぐらいたちました。ちょっと集中力が落ちてきて眠くなってきました。
ちょうど数学のチャートのある例題を真ん中ぐらいまでやっています。そこから少し計算も大変そうですが...

さてみなさんならこの時どうしますか?

①きりのいい60分まではがんばる。
②とりあえずその問題まではがんばる。
③やりかけのまま他のことをする。

さあ、保護者の方もお子様が小さいときにどう言っていたでしょうか?


もちろん、正解はありません。去年までの私は仕事で何かをしていて集中力がなくなって眠くなってくると大抵②、つまりキリのいいところまではがんばろうとしていました。

しかしそういう時は決まって捗らない。眠くなる...。あと少しだから頑張ろうと気合を入れる。やっぱり眠くなる...

という繰り返しでした。


しかし、今年読んだ雑誌の記事、脳科学者の中野信子さんのお話の中で


あえてキリの悪いところ休憩に入るのがいい

ということが紹介されていました。


その状態(やりかけ)の状態だと、「脳は休んでいるように見えても、やりかけの問題を気にし続けている」、つまりパソコンでいうならスリープ状態だというのです。

この未達成のものや中断しているものの方が気になることを「ツァイガルニク効果」というようです。


テレビ番組を見ているとちょうどいいところでCMが入るのも同様とのことです。

この記事を読んでから、私は仕事の合間で集中力が落ちたときはすぐに他のことをやります(やりかけの書類などはそのままで)。そしてその他事(大体5分から10分で終わることが多いです。あらかじめそういった集中力が落ちた時にやることは決めてあります。この決めておくことの重要性もまたどこかで話したいです)が終わったら、先ほどのやりかけのことに戻るようにしています。

もちろん、このやり方がすべてのこと、すべての人に適切だとは思いません。実際、勉強をやりかけでスマホをいじりだしたらキリがなくなるなんてこともありえますし。

しかし、科目間でこのように「やりかけで他の科目へ」というのは案外効果的な人もいると思います(私が実際そうでした)。

ですので、興味がある人は一度トライしてみて、自分に合っていそうなら取り入れてみてほしいと思います。

2/16(火)から3/6(土)のゼミの予定

ご連絡が遅くなりました。

2月16日(火)から3/6(土)のゼミの予定になります。

春期講習の具体的な時間割は2月下旬に決定予定です。よろしくお願いします。

2/16(火)から2/21(日)→timetable2021021621.pdf
2/22日(月)から3/6(土)→timetable02220306.pdf

東海中1・2・3/【追加】高1・2 学年末テスト対策のご案内

ラムス予備校千種本校では下記内容にて、東海中学生向けの学年末テスト対策を行います。

今までラムスに通ったことがない生徒はもちろん、講習などで通ったことがある生徒も参加可能です。

ご不明な点などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

中学生と高校1・2年生で期間が異なりますのでご注意ください。

●期間
中学生 2月16日(火)~3月10日(水) テスト最終日まで
高校生 2月22日(月)~3月12日(金) テスト最終日まで
*期間の途中からの参加も可能です。

●内容
中3数学 ゼミ40分×13回
中2数学 幾何ゼミ40分×8回+代数クラブ 90分×2回
中1数学 代数クラブ90分×2回
高2数学(理系) ゼミ40分×9回
高1数学 ゼミ40分×11回
ゼミの一部はチェックテストをすることがあります。

●申込特典
・期間内の自習室(千種本校)の利用可能
・英語のテスト対策ゼミ参加無料
・中3は物理/化学のテスト対策ゼミを追加受講可能(物理/化学とも40分×4回 合計8回 受講料¥8,000)
中2は物理/化学テスト対策ゼミ(各40分×2回)を無料で受講可能
 →中2の理科のテスト対策は数学の申込がなくても受講できます。

・高2は物理/化学のテスト対策ゼミを追加受講可能(物理40分×3回/化学40分×4回 合計7回 受講料¥7,000)

●受講料(税込)...塾生は無料です。
中3 ¥19,000-
中2 ¥17,000-
中1 ¥9,000-高2 ¥15,000-
高1 ¥17,000-

です。

よろしければ下記資料もご覧ください(→の先をクリックしてください)。

☆千種本校での東海生向けの指導内容と方針(中学から高1)→千種本校 東海生の指導内容.pdf

☆千種本校での東海生向けの指導内容と方針(高2)→高2東海生案内.pdf

13499303373814.jpgのサムネイル画像

13493960485011.jpgP

単語クラブ&最近読んだ本「ざんねんな努力」の1コマ紹介

塾長の渡辺です。

タイトルの「ざんねんな努力」。

なかなか衝撃的ですよね。この本のストーリーというか中身は好き嫌いはあると思いますが、参考になる部分もあったと思います。

ここ数年、特にこの1年ほど私が強く意識していることが、

・どう生徒に努力してもらうか?

ということです。いやそもそも、どう努力してもらうか?と言ってるのに「ざんねんな努力???」という方もいると思います。

そして努力というと、やりたくないことをイヤイヤやる...というイメージもあると思います。確かに最初はそうです。今や私の習慣となっているジョギングやピアノの練習、TEDICTという英語動画のシャドーイングも...です。

そのようなことをどう習慣化するのか?私なりにコツはつかんできたつもりで、自分がうまくできたスタイルを少しずつ生徒の性格なども踏まえて提案していっている今日この頃です。

習慣化には、近年明らかになっている脳の習性も関係あるようです。そしてそのような雑誌の記事の中で紹介されていたのが、この

「ざんねんな努力」
image0.jpeg


です。そして少し長くなりますが、その一部を単語クラブで実行&紹介したのが以下になります。

実際の単語クラブに参加している生徒へのラインでのメッセージとして送ったので、読みにくい&長いですがご了承ください。

【実際のラインでのメッセージ】
突然ですけど、今日はクイズを...

①2/2(火)の単語クラブのあとに送信したもの

Q:今日、僕は家に帰ったらやりたいこと100コを目標に書きます。何個書けると思いますか?
ちなみに昨年は40コ弱しか書けませんでした。

さらにどうでもいい情報ですが
◎去年書いたもので実現できたもの
・ピアノを弾いてみたい
・ネットを使った指導をしたい→古文のZOOMなど
・単語をがんばっておぼえる

◎実現できなかったもの
・子どもとお揃いのニューバランスの靴をはく
・ドローンを操縦したい

―省略―

明日の単語クラブまで回答を受け付けます。ちなみに一番近かった人にささやかなプレゼントを。これは強制でもなんでもないので、スルーしてくれても大丈夫です。

なぜこんなことをするのか??それもちゃんと理由があります。それについては、正解と一緒に伝えます...。


②2/3の解説??メッセージです。

さて、突然の渡辺からのクイズ→「やりたいことを何個かけるか?」ということをなぜみんなに出したかを説明します。そこには

①なぜやりたいことを100コ目標に書くのか?
②なぜみんなにクイズで出したのか?

の2点がありますが、今日は②について。

実はこの「やりたいことリスト」というのは1種のコーチングの手法で、今年のお正月から書こう書こうと思ってかけていなかったです。

そんな中、ここ最近僕がよんだ本

「ざんねんな努力」

という中で「宣言する男」というのが出てくるんです。

宣言する男はひたすら通り行く人に

「僕、明日5時の起きるんです!」

と宣言します。主人公はその理由を男に尋ねます。するとその理由として

・10人に宣言することで自分が自分に嘘をつく居心地の悪さを避けようと人は動く
・10人が様々な形でリアクションして、励ましてくれる。
・目覚ましがなった時に、その励ましてくれた人の顔が思い浮かぶ。その人たちの気持ちを無駄にできないはず

ということをあげます。

今回僕はこれをクイズとしてみんなに出すことで、

・たくさんの人に宣言する
・励ましをもらう⇒みんなが●●コと答えてくれる
・その励ましに応えよう!

という感じになったわけです。

とはいえ、お恥ずかしい話ですが、その日の夜は家に帰ったら寝てしまいました。でも、次の日の朝「がんばるぞ!」という思いで、他のことの合間合間にトライして79コ書けました!

そして実際、そのうちの2つくらいは早速実行に移したり、準備をしました。

・帰りの地下鉄でいつも漫画をスマホで読んでしまうのでそれを単語アプリでのチェックテストにする→単語帳を出すまでの気合はないので、アプリと気軽に...という感じです。
・さらに帰りの名駅からのJRでも漫画を読んでしまうか寝てしまうので(漫画ばっかりやん!)、英語の勉強としてアマゾンプライムで字幕付きの映画にトライする→その前に映画を使った勉強法についてサイトで調べてみました。

正直、この2つがどこまで続くかわかりません...挫折する可能性も高いです。でも、これもみんなに宣言することで、実行できる可能性が高まるのかな・・・と思っています。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ