ラムスかわら版

小論文について

こんにちは、塾長の渡辺です。
この時期になると推薦の受験を控えている生徒のみなさんも多く、小論文についての質問が増えます。特に私大の医学部の小論文についてよくある質問をもとにお答えしたいと思います。

以下はあくまで推測の話ですし、大学によって異なるところもありますが参考にしてください。


Q1:なぜ小論文を試験で課すのか?
A1:大学が必要とする人材とふさわしくない人材を見極めるため

 医師に求められるものは様々ですが、考えられるものをあげておきます。

・人間性
・物事を筋道立てて考えることができるか
・物事をやりきる力
・世間的な常識
・コミュニケーション能力
  など


正直、医師に関係なく社会人として必要なものです。そしてたかだか400字から600字程度の小論文だけで、上記の能力を正確に把握できるのか??というと疑問です。ただ、明らかにその能力が欠如している人を見つけることはできます。
たとえば600字の指定があるにもかかわらず、どうしても400字しか書けない、字数が足りないといった場合は、"ギリギリまで書くんだ""どうしてもその大学に入りたい"という執念・熱意の面で足りないと感じてしまいます。
あとは、上記に書いた一般的な常識から外れている人というのもある程度は判断できます。一般の人に受け入れにくい極端な論を出して、600字の中で読む人=採点官を納得させられるなら別ですが、それは難しいと思います。

そのような観点で考えると、小論文で優秀な学生を判断するというよりは、明らかに不適格な生徒を落とすためにある可能性が高いです(実際、ABCD評価でDさえ付かなければOKという大学もあるようです)。ですから、必要以上に小論文で点数を稼ごうとか考える必要はありません。あくまで学科重視!!

※もちろん誰の目からみてもすばらしい文章を書く人はいます。そういう人は小論文でも高評価(得点)を叩きだすことは可能かもしれません。ただそういう生徒は稀で練習の成果というよりは、もともとそういう能力が高い、もしくは昔から文章をたくさん書いてきたという部分が大きいです。ラムスで小論文を同じテーマで複数の生徒に書いてもらうと、みんな同じような評価になることが多いです。

実際、生徒に愛知医科大学の過去問の小論文を書いてもらったところ、不思議なことに大体皆同じような結論でした。その年は「顔」について書きなさい。というテーマだったのですが、書かれた内容は、医師になった時に患者さんとのコミュニケーションなどの面から、「顔」は言葉とは別に感情を表すものであるので、顔の表情などは人と接する上で気にするべきである。といったものでした。

とにかく気をつけたいことは、
設問に対して正しく答えているか→この年の問題であれば「顔」について触れず、「医師とは何か」など違うテーマについて書いている。もしくは無理に医師の話にもっていっている。
自分の意見が常識的な範囲からあまりにかけ離れていないか
(範囲からもしはなれるとして、本当に論理性があるのか)

この短期間で医学の知識をつめこんで、小論文だけで受かる!と考える必要はないので、自分の意見が暴走していないかを誰かに見て判断してもらいましょう。学校の先生が見てくれるのであれば、お願いしても良いと思います。

継続の先にあるもの

こんにちは、塾長の渡辺です。
前回「継続」することと、その方法についてお話しました。今回は、「継続の先にあるもの」についてお話しようと思います。

前回のブログでも書きましたが、やはり「継続」することは難しく、言い訳を考えて中断して自分に負けてしまいがちです。
そんな時に必要なのは「変われる自分をイメージすること」。私のランニングの話なら、「30分走っている自分をイメージする」ことです。そして、継続して30分走れるようになったら、"良い"自転車を買おうと決めています。時には、自分にご褒美を与えることも必要だと思っています。

英単語を覚える場合は、単語を10分やってそれがどんどん増えていって将来的に長文を読めるようになる自分を強くイメージすることです。「成功している自分」のイメージはキープすることが難しく、とても儚いものなので、そのイメージを頻繁に持つことも大事です。

以下は、英語科の大串先生おすすめの英単語の記憶法です。参考にしてみてください。
この通りにやってみて、私のランニングのようにキツイと感じてしまったり、復習の段階できちんと覚わっていない場合は、スケジュールを自分に合ったペースに微調整することが必要ですので、相談してください。


~単語の"現実的な"覚え方~
1日の個数を決めて、土日は復習
前日の復習は必ずする
月:1-30
火:1-60
水:31-90
木:61-120
金:91-150
土日:1-150


ちなみに大串先生は、英語に関するミニ講義動画をTwitterに投稿することをほぼ毎日「継続」していて、現在4ヶ月目ということです。

継続は力です

こんにちは、塾長の渡辺です。

ブログを定期的に読んでいただいている方はお気づきかもしれませんが、お久しぶりのブログとなります。
今回は「継続」についてお話したいと思います。
皆さんは勉強でなくてもいいのですが、何かを「継続」できるほうでしょうか?人間は、やらない言い訳を考えるのが得意です。この夏休みの間夏期講習などでばたばたしていて(→これも言い訳ですね)ブログの更新はストップしてしまっていたのですが、私は6月からずっと続けられたことがあるので、それについて「継続」することの難しさのお話をしたいと思います。

それは前にもブログでお話した、散歩です。
実は、これは最終的にはランニング30分が目標でした。しかし、いきなりランニング30分走るというのは、普段運動していない身としては聞くだけでつらいです。これは勉強でいうと、学校が忙しいとか疲れて勉強できない生徒にとって、一日10分でいいから毎日勉強やろうよ!という話が意外と受け入れられないのと似ていると思います。1を10にするのは簡単でも、0ゼロを1にするのはすごく大変だからです。

その例として、私の「30分走ろう計画」は、ゼロの状態から30分走るのは大変だと思ったので、雑誌に載っていた方法を試してみることにしました。
jog1.jpg
この表のように、最初は5分歩く×6セットを1週間、次の週は4分歩く1分走る×6セット...だんだん歩く分数を短くしてその分ジョギングが増えていくというものです。歩いている分数は休憩できるので、無理なく続けられたので「これなら30分走れるようになる!」と思ったのですが、ここで問題が起きました。

jog2.jpg
ステップ⑥になったとたん、"いきなり走り出すしかもずっと通して30分ジョギング"になったのです。これはきついなと思った私は、ステップ⑤で2分歩く5分30秒走る×4セットと微調整して自分なりにアレンジしました。このように調整して、走る時間を延ばしていくという方法に変えることで、「継続」を可能にしました。

こうして徐々に負荷を増やすという方法は、「継続」することが出来ます。この表のようにある程度の型は持ちながらも、型を鵜呑みにして微調整をしないと自分に合わなかったりちょっと??はてな、なことが起こりがちです。そのような時には誰かに相談して、アレンジしないとうまくいかないことが多いです。とはいえ、最初始めるところがやはり大変です。
たとえば英単語を覚えている生徒はよく、「毎日10分単語帳見ても、受験までに全部終わらない」と話してきます。
毎日10分でもいいから、見ている=やっていると、その10分を徐々に増やせることができるようになります。やっていない=ゼロだと増やす時にとても大変な思いをします。
これは私の経験からいえることなのですが、ジョギングも朝一番やっているように、1日の最初にやる!または、ラムスに来たらまずやる!と決めておくと良いと思います。「学校の小テストがあるからやらなきゃいけない」とか、そういったことを優先していると結局やらずに終わってしまいます。

継続は力なり
ラムスでは、そういった生徒のために英単語暗記などができるスペースを設けました。ぜひ利用して、「継続」する力をつけましょう!
tango space.jpg


9/4は台風21号接近に伴い千種校・星ヶ丘校ともに休校とします

本日9月4日(火曜日)、大型の台風21号の予想進路からこの地域にも大きな影響がでることが予想されます。
これに備え、千種校・星ヶ丘校ともに終日休校します。

2018/9/4 7:30 ラムス予備校

台風接近時の対応について

台風接近時の対応について、塾内にて掲示しています。
(詳細は以下の添付ファイルをご覧ください。)
台風接近時の対応.pdf

事前に帰宅に困難や危険が伴うと予想される場合は、安全を第1優先とし、塾に来るのを控えてくださるようお願い申し上げます。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ