ラムスかわら版

国語の勉強法①漢文 句法編

こんにちは、塾長の渡辺です。
マーク模試が終わって、国語の点数が安定しないのでどうしたらよいか?という質問が多かったので、今日はその相談にお答えしようと思います。

国語は、現代文・古文・漢文があるのですが、一番点数を上げやすいのは、漢文です。
今日紹介する漢文の勉強の仕方は、高3生に限らず、高1・2生にも有効なのでぜひやってほしいと思っています。
まず、漢文は大きくわけて2つ、「句法と読解」があります。英語にあたる「単語」も漢文にはあるですが、英語の単語帳のような漢文版はあるのですか?と聞かれます。あるにはあるのですが、大手予備校のテキストでまとめてあるものでもせいぜい100個程度です。それを今わざわざ覚えなくても、実際に出てくる中で、問題ごとに重要単語が載っているのを覚えていったり、繰り返しやっていくうちに分かるので、単語という要素はとりあえず置いておいて良いかなと思います。


まず、「句法」を勉強するのに、皆さんがよく使っているテキストは「河合塾 ステップアップノート」や「漢文ヤマのヤマ」、「早覚え」などです。どれも載っている数は100~110個くらいです。私が受験生の時使っていたのは、もっとコンパクトな「多久の漢文公式110」です。(今は絶版なので、普通の本屋さんで見つけるのは難しいかもしれません。)
kanbun1.JPG

kanbun2.jpg

句法が書いてあって、こうやって訳すという解説が下に書いてあり、実際の例文と書き下し文(読み方)、例文の訳が書いてあります。
先ほどの「漢文のヤマのヤマ」は、これに練習問題がついているのですが、どちらの場合も重要なのは、句法をおさえて、例文を音読すること、そして音読したあとで訳を確認する
ポイントは、「1回で覚えよう!」と思わずに、とりあえず毎日10分なり大きな声でどんどん音読する。そうすれば、110個でもすぐに終わってしまい、大体2週間の間に何周も音読することでなんとなく漢文の独特のリズムとともに覚わってきます。「暗記」するのではなく「音読」するやり方は、学校の先生でも薦めている方法ですので、2週間くらいまずひたすら音読して基本を入れましょう。
あとは高2生以下も含めて、教科書や問題集で「あれ?この句法なんだっけ?」となった時に、こういった句法帳で探してみるという使い方で良いと思います。

次回は、句法を覚えたあとの読解の勉強法についてお話しします。

ラムス朝活!

こんにちは、塾長の渡辺です。
1ヶ月ほど前のブログで、生徒が朝早くからラムスに来てくれるようモーニングコールをしている話をしました。
その後の土日に、朝10時に何人の生徒がラムスに来ていたか、人数を数えてみました。ラムスの入口の掲示板に貼り出していたこともあってか、人数は20人から4月最後の休日には30人に増えました。
ブログ用2.jpg
高3・高卒生は朝9時30分に来ることを目標にしましょう。そうすると、ラムスのお昼休憩までに3時間学習ができることにもなります。
中学生~高2生も、中間テストに向けて少し早いテスト勉強をスタートしましょう。

マーク模試に向けて

ラムスからのお知らせです。

高3・高卒生を対象に、4月30日(祝)に河合塾マーク模試に向けたプレテストを実施します。
ラムス千種校の3階講義室で、朝10:00から昼休みをはさみ16:40まで
国・数(ⅠA・ⅡB)・英・化学の問題を、時間を計って解きます。
本番同様の緊張感をもって演習に取り組める機会ですので、ぜひ参加してください。
当日の時間割はこちら↓
180430マーク模試プレテスト時間割.pdf

前田先生セレクション化学スペシャル演習プリント、"英語アクセントの問題を間違えたくても間違えられなくなる"プリント、等々、演習用の問題も置いてあります。ラムスに来てもらっていってください。

5月病ならぬ4月病?の息抜き方法

こんにちは、塾長の渡辺です。
春休みが終わって学校が始まってペースがつかめない、眠くなってしまう」という生徒がこの時期にいます。春休みに頑張りすぎた"疲れ"が出てしまっているのかなと思うのですが、今まで春休みだと自分のペースで勉強できていたのが、学校の授業が入りリズムを乱してやる気までなくなってしまっているように見受けられます。

これは夏休みなどの長期休暇のあとにも起こることなのですが、ではそういう気分が乗らない時にどのようにして気分転換をしているorするのが良いのでしょうか?

疲れが溜まって慢性的になっている場合は、思い切って「休息をとる=勉強をやめてしまう」のも良いと思います。理性の力で頑張ろうとしても、ずるずると疲れが残ってしまい、逆に長引いてしまうかもしれません。海外のスポーツ選手もそうだと聞きますが、「休息はちゃんと取って練習は濃くやる。」というメリハリをつけ、クオリティの高い勉強をするというのもひとつの手です。
私の場合は、朝から疲れているなと感じる時など「散歩」をすることにしています。ラムスのある千種で降りずに、一駅遠い駅で降りて歩いて来てみたり、「いつもと違う」道を通るという単純なことが脳に刺激を与えてくれるようで、ラムスに着くころにはリフレッシュした気分になります。

チューターの先生にも意見を聞いてみました。

M先生⇒自分が高校生のときは勉強していなかったので息抜きは必要なく、今の話をすると、数学の問題を解きます(好きな科目の勉強をする)。
K先生⇒陸上部だったので、高校生のときも、今も1時間ほどランニングに出かけます。
S先生⇒渡辺先生と同じで、外に歩きに行きます。大学生になってからは、ゲームやスマホを触ったり...もします。
W先生⇒高校生のころは、集中が切れたら違う教科を勉強していました。今は、勉強をやめて音楽を聴いたり、ピアノを弾いたりしています。
Y先生⇒とりあえず5分だけ勉強してみる。
H先生⇒僕はラムス生だったのですが、友達としゃべって、話した後はまた集中!という感じでした。今は、友達と食事にいったりするのが気分転換です。

このようにして見ると気分転換の方法はみなそれぞれ。自分に合った気持ちの切り替え法を持っていることは、受験を乗り越える上で大切なことだと思うので、ひとつでも特別な何か"something special"を見つけてみてはいかがでしょうか。

私立大医学部へ入った卒業生と会って

こんにちは、ラムスの渡辺です。
この間、ラムスの医進コースの卒業生たちと話をする機会がありました。
医進コースを卒業し愛知医科や藤田保健衛生大学に入った彼らの話の中で、私が少し驚いたことは、「入学生のほとんどまわりは高卒生、しかも1浪も少ないくらいで2浪3浪などの多浪生の割合が多い」。やはり私立大の医学部に入学するのは厳しいのだなと思いつつ、ラムスの生徒も思い出してみると、進学校のトップの子でも現役で合格するのは難しい様子を見受けられます。昨今医学部志望の人気が高まって、愛知医科大なども昔より偏差値が10以上上がっているという背景もあるのでしょうが、愛知医科・藤田がダメで、順天堂に受かったとか、名市大に受かったというような例もありました。

なぜ現役生が受からないのかの理由を考えてみると、現役生は私立大受験を、少し「軽くみている」ことが多いです。浪人生は過去問をやり込んでくる時間も土台もあり、そこですでに差があります。現役生はセンターや国公立対策の勉強に目がうばわれてしまって私立大の過去問まで手が回らないのが事実です。実際に、現役生がセンターの勉強をしている時期に、高卒生の医進コースでは2日または3日に1回は、私立の過去問を解かせて解説していました。

では、「私立の医学部を狙っていくなら特殊な勉強をしなければいけないのか?」というと、特殊な勉強をするというよりは、私立の専願にした場合、最後の過去問をやれる量がたくさん取れるということです。現役生にとっては私立の問題は難しいものが多いので、私立を受ける予定のある人は、できれば高3の秋くらいから過去問をやり出したいです。
国公立志望だからといって今から全教科を勉強するよりは、「私立を受ける可能性があり、現役でなんとか行きたい!」と考えている生徒は、とりあえず英数理の勉強を頑張ってください。そうして3教科をまず固めておいて、夏くらいに国公立を受けるかどうかを判断すれば良いと思います。そのためにも、今から夏休み終わりまでに、チャートなどの土台をしっかり作って過去問をやれる基礎力を身に付けておきましょう。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ