ラムスかわら版

ラムスかわら版 - INFORMATONカテゴリ

8月15日(木) 休校のお知らせ

本日8月15日(木)am7:28愛知県名古屋市に暴風警報が発表されました。
台風10号による影響は、今後も強まることが予想されます。

これに備え、RAMS千種校・星ヶ丘校ともに終日休校といたします。

夏期講習 追加講座のお知らせ~高1、2、3、卒生~

高校生および高卒生のみなさまへ

すでに始まっている2019年度の夏期講習について、
下記の通り追加講座の開講が決定いたしました。

【高校3年生・高卒生対象】
夏期講習特別講座『入試数学演習Ⅲ』『化学演習』
毎週土曜日に開講している数Ⅲと化学の講義の夏期講習特別編となります。

↓内容およびお申し込みはコチラ↓
【2019夏期講習】高3数Ⅲ化学追加.pdf

【高校1年生・2年生対象】
『超基本 古典文法勉強会』
勉強法が分からないとの相談が多い古文。
そうした声にお応えし、試験的ではありますが、古文の勉強会を開催いたします。

↓内容およびお申し込みはコチラ↓
【2019夏期講習】古典文法勉強会.pdf

みなさまのご参加、こころよりお待ちしております。

RAMS予備校

7月27日(土) 台風6号による休校のお知らせ

本日7月27日(土曜日)、台風6号により午後から雨・風ともに強まることが予想されます。
これに備え、千種校・星ヶ丘校ともに終日休校します。

2019/7/27 10:15 ラムス予備校

リスニングチュートリアル

塾長の渡辺です。

いつもは木曜や金曜日の週後半の瓦版の更新ですが、今日はリスニングチュートリアルが木曜日に開催されるので、その連絡もあり早くしました。

スマホで今日は書いているので、やや読みにくいようでしたら、申し訳ありません。

日時:7/18 19:00〜 1時間程度

対象:受験生ですが、高2以下の人も参加可能です。

内容:リスニングの勉強法を具体的に実践を混じえてお伝えします。


皆さん、リスニングの勉強というと

聴いて解く→○つけ→テキストを見て繰り返し聴く→シャドーイング

というところでしょうか。もしかしたらディクテーションをしてる人もいるかもしれません(ディクテーション自体は結構上級者向けな気もします)。

私も15年くらい前に英検準1級を受けた時にリスニングを勉強しました。
そしてまた最近単語の暗記が習慣化してきた(覚えているかは別 苦笑)のもあり、少しリスニングを始めています。

そして今思うのは

・リスニングの勉強自体の継続が困難(私は帰りの電車でやることが多く、睡魔との闘いになることも。それは本気さが足りないという意見もあると思います。とは言え、受験生にとっても、下記のことも関係して、リスニングは気にはなるけど後回しにしている人も多そうです)
・上達が感じにくい
・達成感が得られにくい
・完璧に聴けないとダメなのかということ(何回聴いてもそう聴こえない!)
・シャドーイングとは言うが、これもどこまでやれたら○とするのか?

など、悩みはつきません。

このようなことも、青木先生にアドバイスしてもらおうと思っています。

是非、参加してください。

英文法強化コース 夏期講習イベント

こんにちは。塾長の渡辺です。

夏期講習高2以下イベントとして、

・数学→定義、公式、穴チェックゼミ
・英語→英文解釈ゼミ

を紹介してきました。

今日はタイトルの「英文法強化コース」について紹介します。

ポイント

①7月下旬〜9月末の2ヶ月で徹底的に文法!
②簡潔明瞭な説明&徹底した音読による落とし込み
→サイトトランスレーション&バックトランスレーション
③ゼミのない日も音読課題をアプリを利用して提出

①について
通常、文法のまとめというと、5日間連続で完結!というパターンが多いです。
それも手軽で短期集中で良いと思います。

ただ、私は以下のように考えています。
・講師が一方的に話すだけでは成績は上がらない
・定着と復習のための時間が必要
・生徒が自主的に学ぶ姿勢を身につけることが大切

したがって、2ヶ月半という一定期間を設定して、生徒をフォローしていくほうがいいと考えています。

②について
新テストでは旧来の文法問題は消滅したと言えども、英文を読む上で、最低限の文法知識は必要ですし、さらに国公立2次試験や私立大入試での英作文まで考えると、やはり文法は必要です。

ただそれをどこまで追求するかです。

英語がやや苦手以下の生徒の中には、4択問題を解くことには力を入れるけれども、英文法の知識をおさえて、さらに例文暗誦を通して知識を定着させている生徒は少ない気がします。

その中途半端な感じが、結局英語の伸び悩みにつながっていると思います。

覚えることは覚える!ということも大切だと思います。

そしてこのコースの特徴は音読をその定着の手法としてメインに置くことです。

音読というと、意味も分からずするんでしょ?と考える方もいると思います。

しかし、ラムスのこのコースは違います。

まず

指導歴10年以上
英検1級
TOEIC 満点

の青木先生がきちんと説明をします。その上で音読による暗誦をしていくのです。

ただし音読といっても、ただ声に出せば良いと言うわけでなく、ちょっとしたコツがあります。それを青木先生から学んでもらいたいと思います。

そして、音読というスタイルは今後リスニングの勉強をする上でも大切です。

直接的でないにしても、音読するという勉強方法を生徒が身につけてくれればと思います。

③について
結局、ゼミがない日も勉強をするようになる!生徒がそのように変わることができればとても素敵なことです。
授業を受けるだけでわかった気に、勉強した気にならないような環境を作っていきたいと、英文法強化コースに限らず、ラムス全体として考えています。

とはいえ、いきなり自習をモリモリやれる生徒ばかりではありません。

部活、学祭の準備からスマホゲーム、友達との遊びなど、勉強よりも優先したいことはたくさんあります。

ですから、勉強を習慣化するには
・生徒自身の意識の変化(内的)
・習慣化を手助けする環境(外的)

が必要です。

その1つとして、日々の音読を日課としてもらい、それをラインアプリを通じて提出してもらい、その努力を正当に評価することで、習慣化を手助けしたいと考えています。

受講の必要性のチェックのために、チェックテストを実施しています。

受講するしないにかかわらず、ぜひ今の自分の現在の英文法の理解度を知るためにテストだけ受けてみてもOKです!

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ