ラムスかわら版

ラムスかわら版 - MOVIEカテゴリ

RAMS まちがい さがし 解答と解説

みなさん、暑いですね~。

本日より、RAMSで配布しているうちわ、少しは皆様のお役にたてたでしょうか?

うちわ.JPG

また

うちわ、裏面にある『RAMS まちがい さがし』。

見ていただけたでしょうか?

今回のブログでは、その解答と解説を、お届けいたします。

ぜひ、ご覧ください。

英語

数学Ⅰ ①


数学Ⅰ ②


数学Ⅰ ③

数学Ⅰ ④


化学

古文

>>

藤田保健衛生大学・医学部・一般入試数学 傾向(難易度)と対策

受験情報誌などに「藤田保健衛生大学の数学は難問はないが応用力や総合力をつけておこう」といったアドバイスが書いてあることが多いですが、実際はどうなのか?塾長の渡辺から解説します。


★参考資料 
2013年度入試 設問別解説
クリックすると拡大します。
藤田保健衛生 数学 分析1.png
藤田保健衛生 数学 分析2.png
*2011・2012年度についてはラムスに説明を聞きに直接いっらっしゃる時か、無料体験の時にお答え・お渡しできます。

【動画】

【基本情報】
問題数は大問4~6題(近年は4題が多い) 試験時間は80分
数学Ⅲの微分と積分は必出!!(多い年は大問で2題)
②行列も頻出ではあるが、旧課程の数学Cであるので、今後の出題はないです。
③大問1の小問集合なども含め、様々な分野から出る
物理的な内容を扱っている問題がある

【出題レベル】
青・黄色チャートの基本例題(学校の定期テスト)レベルが全体の約30%を占めており、重要例題(学校の実力テスト)レベルまで含めると出題の70~80%を占めている。合格者平均の得点率が70%強である(合格者最低点は65%前後が多い)ことを考えると、チャートの重要例題レベルまでをどれだけ完成させているかが合否にしっかりと反映されるテストであり、良い出題だと思われます。
ただし、物理的な内容を扱う問題については注意が必要である。

【物理的な問題について(藤田保健衛生大学特有)】
大きく2つのパターンに分けられます。
①「物理の雰囲気(問題の説明などからそう感じられる)」はしているが、大問の(ⅰ)だけ見れば、単なる数学Ⅲの微分の問題で、毛嫌いしなければ正解がだせるもの。
②「いかにも物理」という感じで、しかも通常の受験勉強では目にしないタイプ。問題文で丁寧に説明はされていることが多いが、なかなか制限時間内でその意図をくみ取り対処することは難しいと思われます。大問の(ⅱ)以降であることが多いです。

ここでのポイントは②のタイプが解けなければいけないのかということです。もちろん解けた方が良いに決まっていますが、上で説明してきたように、合格点に達するという視点で考えるならば、②を解ける必要はないと思われます。したがって藤田保健衛生大学の数学の対策としては次のようになると考えます。

【藤田保健衛生大学・医学部の数学の対策/勉強法】
①青もしくは黄色チャートの基本例題・重要例題を徹底する(数学ⅠAⅡBⅢで約1000題)。多いように思われますが、問題集を何冊も中途半端にやるのではなく、ひとまずこれがクリアできるまではチャート(もしくはそれに類する問題集→4ステップやフォーカスゴールドなど)に徹することが大切です。私の経験から言うと、近道をしようとして問題集をいろいろ買ってしまい、結局はどれも定着しないというパターンが多いです。ラムスでは、基本の教材をしっかり決め、その勉強中で分からないことを質問できる豊富な個別指導の時間、そして自分ができたかどうかをチェックする添削プリント、刺激的なコンパクトゼミで生徒の学習をフォローしていきます。
②物理的な問題は、まずは(ⅰ)が単なる微分の問題であることも多いので、最初からあきらめないこと。ただし、先に他の大問をやってからにしましょう。なぜなら、先に述べたように他の問題さえしっかり合わせていけば、十分合格点に達することができるからです。そして一見物理のように見えても、微分を用いるだけだということに冷静に気づけるようになるためには過去問で慣れておくことが肝心です。

以上が私が考える藤田保健衛生大学の傾向と対策ですが、生徒個々の適性や苦手分野、他の科目との関係でどうやっていくかは違ってきます。ですので、分からないことや不安なことがあれば、いつでも相談してください。

高3・卒/夏休みの計画を考える!(夏期講習も含め) to do リストを作ろう!

5月も終わりに近づき、少しずつ夏休みをどうしたらよいかという相談が出てきました。
私自身の感覚としては、夏休みの話なんて少し早いのでは??と思う部分もあります。それはなぜかというと・・・

夏休みを何をどうやるか?どう過ごすかは本来夏休み前までの本人の状況に基づいて考えるべきではないか?
                      

しかし・・・
まだマーク模試・記述模試の結果も出ていない(自己採点でなんとなくは分かるけれども)
1学期もまだ1か月半ほどある(高3生、特に理系はその間に多くの新しいことを学ぶ→夏休みにやるべきことが増えることが多い)


だからまだ個々の状況に合わせた夏休みの計画を立てるには判断材料が少ない


したがって、記述模試の結果や学校の実力テストの結果、1学期に学んだことの内容の理解状況が把握できてくる6月中旬から7月中旬ぐらいにかけて、夏休みのプランを考えていくべきだと考えています


私が心配しているのは、自分の状況もよく分からないまま、夏休みの計画を余裕のないキツキツのものにしてしまう(例えば講義をたくさん申しこんでしまうなど)ことです。なぜなら、今から調整できないスケジュール(教材を含めて)にしてしまうと、上で述べたように6月中旬から夏休み直前にやりたいことで優先順位の高いものが出てきた時にどうにもならなくなってしまいます。よい喩えが浮かびませんが、ビュッフェ付きのランチに行って、メインディッシュが出てくる前に食べ過ぎて肝心のメインが食べれなくなってしまうみたいな感じでしょうか・・・(←わかりにくい例で申し訳ないです)
とはいえ、実際には周囲に夏休みのことを考える友達がいたりすると不安になるものです。そしてまたその不安をしっかりと解消しなければ生徒にとってよくありません(結局1人で悩んで分からないままというのは避けたいものです)。ですから、現状でわかる範囲でも「to do リスト」を作ることで、冷静に自己を分析して夏休みの計画を考えることを提案したいと思います。ラムスで相談に来た場合は、私の今までの経験から大体生徒がどのようなことを夏休みにやらなければいけないのかを、現状の成績や力(模試の成績に加え、日々の質問のレベルや添削・テストゼミの出来)と過去の生徒たちの体験を踏まえてアドバイスしていきます。


<to do リストの作成>→動画では実際のどのように生徒とやりとりするのかの一例を紹介します。

①まず自分がやりたいことをどんなに些細なことでもいいから書き出してみよう(書き出すことが大切)。できる限り具体的に(科目・分野・問題集や参考書など)
②書き出したものの中で優先順位をつけましょう。優先順位は入試配点における割合、生徒の科目に対する適性などから考えます。
③優先順位を決めたものに対し、大体1日あたりどれくらい時間を割くのかを考えてみましょう。ただ毎日全てをやるとは限りませんので、1日の流れと1週間の流れぐらいを考えるといいと思います。その時、週に1回くらいは調整日を作りましょう!調整日にやることがなければ、計画を前倒しにすればいいだけですから。


①を書き出すためにも模擬試験などの客観データに加え、夏休みの学校の補習の密度(参加が必須なのかも踏まえて)や宿題の量、1学期に習ったことに対する定着度・重要度を考える必要があります。
③の段階で「やらなければいけないことが多すぎてパニックになりそう」という時はもう一度②の優先順位を考えます。どうしても生徒はあれこれやりたくなってしまいます。しかし焦りすぎると「理解して定着すること」よりも「こなすこと」が目的となってしまい、勉強が形骸化してしまう恐れがあります。本人はやっているのに伸びないという悪循環になります。ですから、不安な時ほど科目も教材も絞って、それを徹底的にやる方がいいと思います。

このto do リストは夏休みだけでなく、学校がある時にも活用できます。ぜひ一度トライしてみてください。。

≪to do リストの作成~一例~≫

円順列とじゅず順列(同じものを含む場合 定期から実テレベル)

こんにちは。前回は、異なるn個のものを並べる円順列とじゅず順列についてやりました。
今回は同じものを含む場合の円順列とじゅず順列の考え方について説明します。

例題)赤1個、黒3個、白4個の玉をつかって円形に並べる方法は?そしてこれらの玉を使って輪(じゅず)を作る方法は何通りか考えてみよう!

円順列とじゅず順列(異なるものを並べる場合 定期レベル)

>異なるn個のものを並べるときに

円順列 (n-1)!

じゅず順列は (n-1)!÷2

と習います。覚えてしまえばなんてことありませんが、「なぜ1を引くんだろう?」「どうして2で割るんだろう?」と気になる人はぜひ視聴してみてください。

ちなみに、

同じ色のものを含む円順列とじゅず順列


例)白4コ、黒3コ、赤1コを並べる

は実力テストや定期テストの少し難しめの問題として頻出です!!

これについては近日、別の動画で解説をしますので、ぜひ見てください。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ