ラムスかわら版

ラムスかわら版 - TOPICSカテゴリ

マルチタスクを遂行するには?

塾長の渡辺です。

中間テストが近づいてきました。気が付いたらGWもおわってしまい、焦っている人もいるかもしれません。

あれもやらないと...これもやらないと...でも部活もまだ1週間前まであるし...などパニックになっている人もいるかもしれません。

さて、そのようにやることが多くなった時のコツについて、今日は少しお話しします(あくまで個人的な感触ではありますが)。


●方法1 やることを絞る!優先順位を明確にする!

これはラムスの基本方針でもあります。大学入試の配点の50%以上を英数が占めることが多い、また積み重ねの要素も強く、層の厚い科目(もちろん他の科目はそれはそれで難しさがありますが)であるという点から、これらを中心に勉強する。そして、そこをメインに、理系なら次に配点の高い理科、文系なら国語などに重きをおいていくというものです。具体的には

例)テスト2週前から1週前 とにかく英語と数学を勉強の8割以上に割く
  テスト1週間前から直前 英語と数学の割合を落として、他の科目に時間を割く

といった具合です。もちろん、こんなおおざっぱな感じではなく、もう少し丁寧に考える必要はありますが...。実際、生徒の勉強の悩みとしては「内容そのものが分からない」という面と、「どれをどのくらいやったらいいのか分からない」という「時間・量配分」の面ががあります。今回はこのテーマについては掘り下げません。


さて、今日のテーマはマルチタスクです。これをどうして話そうかと思ったかというと

「私時間の使い方が下手なんです」
「全然勉強がはかどりません」
「効率が悪いのではないか?」

という声に対して、1つの提案をしたいと思ったからです。

●方法2 100%仕上げをいきなり目指さず、70%まずは仕上げる!

※成績によって50%にしたり、80%にしてもいいと思います。

時間の使い方が下手というか、達成感が得にくい生徒の1つのパターンとして、1つことをじっとやってしまう。または完璧を目指してそれに時間をかけてしまうということがあります。

もちろん、それは良いことでもあり、将来的には完璧にする方が望ましいかもしれません。しかし、ときにそれが勉強の効率を下げることになります。

掃除を例に考えてみましょう。

最初は大きなゴミを取り除いたり、いらないものをざくざく捨てたり、一気に進みます。

しかし小さいゴミが気になりだして、それを拾い出したら、そこだけきれいなのも嫌だから他もやりたくなったり...(こういうのは保護者の方だと洗車とかを思い浮かべてもらうといいかもしれません)。

そして0から70%まで持っていくのと、70%から100%まで持っていくことにおいて、必ずしも労力が70:30というわけではありません。

案外、仕上げの30にかかる時間の方が長い...なんてことがありますよね。それにかかりきりになって、他のことができなかった(もしくはその気力がなくなった...)なんてことがあると思います。

ですから、ですから勉強だったらこんな感じでやってみたらどうでしょう?


☆例☆

●STEP1
数学⇒まずはテスト範囲の教科書の例題と傍用問題集の例題のみしっかりやって仕上げる(チャートならチャートマーク2までとか)。
英語⇒まずはテスト範囲の単語とイディオムだけすべて書き出したり、単語カードを作る。
化学⇒教科書や授業でやった例題+学校の問題集の基本問題と例題のみやる。

など。

そして上記のことができるようになったら

●STEP2
数学⇒教科書の章末 または 問題集のBの※をやる(チャートならマーク3までとか)。
英語⇒単語カードの暗記+リーディングの構造確認

とレベルアップしていきます。科目によってはSTEP1でとまってしまうこともあります。しかし、とりあえずすべての科目をSTEP1を達成することを第1とするのです。こうすることのメリットとして、以下のとこがあげれます。


【メリット】
・とりくみやすいレベルからやるので勉強のリズムが出来やすい。
・テスト範囲が終わらないということが少ない(STEP1をやるので、とりあえず全範囲やれることが多い)。
・STEP1が固まっていれば、STEP2へいく時に土台ができているので、やりやすい

などです。デメリットというか、リスクとしては

【リスク】
・そもそもSTEP1と2に適切に線引きができない⇒どうしたらいいか迷う場合は相談すればOK。
・部活などで時間がないので、そもそも復習科目やる余裕がないので、多科目に取り組む余裕がない⇒その場合は方法1が中心になります。
・結局、100%しないと気がすまなくなってしまう。

などです。


実際のところは生徒の状況や性格、学力、目標に応じて方法1と2をミックスしていくことになると思います(例えば数学・英語は80%をめざし、化学はまずは50%を目指すなど)。

いずれにしても、私は上記のように自分のタスクを進めていることが多いです。

以前、ある先生から

「どうして渡辺先生はそんなに多くのことを同時進行できるのですか?」

と聞かれたとき、

「すべてを70%ぐらいまでやっておくことかな。料理でいうなら材料の準備と下味までつけておくような。そしていざとなったらそこから一気に仕上げる!みたいな。その時のかけれらる時間で、100%に近いものができることがあるかもしれないし、80%だったり、もしくは70%だったりすることも」

と答えました。

何も私も初めから、上記ようなスタイルでやっていたわけでなく、色々な人の本や自分で試してみて上記のような方法をとっています。

もちろん、必要な時は初めから100をめざします!(もちろんそんなに簡単にいきませんが)。

ちなみに今日のブログの記事も、途中うちかけで2回ほど中断しています...。

そして煮詰まりやすいので「10分」のタイマーをかけてやっています(これについては先週のブログで話しました)。

また「やりかけ」により「ツァイガルニク効果」で再開しやすくしています(これについても先週のブログへ)。


さて、最後にこのやり方の注意点(やりかけ方法も含め)としては...「やりかけが増えすぎて、やることを忘れてしまうこと。たまりすぎないこと。」でしょうか。

ですから、結局たまってきたら優先順位を決めないといけないのです。

いずれにしても「方法2」は「最初は丁寧かつ細かくやっているけど、結局間に合わない!ってなってテスト範囲全体がやれない、ぐちゃぐちゃになってしまう・・・」という人に向いているかもしれません。

時間で切る勉強

塾長の渡辺です。

私が

・やること(考えることが多い時にスタバで実践していること)
・探し物をして見つからない時

にとりいれていることとして「タイマーで計る!」というのをやっています。

さて、何分ぐらいだと思いますか?


その答えはあとで
...ということで、何かをする時に「量」と「時間」どちらで決めるか迷うところです。両方とり入れてもいいわけですし。

ケースバイケースでいいと私は思いますが、上記のような時に私はこの手法を採用しています。

なぜか?


それは時間を決めることで以下のようなメリットがあるからです。

①締切効果による緊張感と集中力が生まれる。
②だらだらと粘らない。

ということです。

よく勉据する時に「ここまでやったら終わろう」と「量」で決めることがあります。順調にいっている時はいいのですが、眠くなったり、全然進まなかったりすると時間ばかりが経って、結局あんまりだった...なんてことはありませんか?

あと、特に勉強については分からない問題をどこまで考えるのか?という疑問がみなさんにもあると思います。これについてはいつか動画かこのブログでお話ししようと思います。ただ多くの生徒は「悩み過ぎている」と思います。特に習いたての内容などは「分からない」のではなく、「知らない」ということが多いのです。

「知らないこと」は悩んでも仕方ありません。「2回目だから」ということなどもあると思いますが、2回目でも忘れていれば、それはやはり「知らない」ということに近いと思います。

もちろんなんでもすぐ答えをみればいいというわけではありません。一度やったものが出てこないのは、記憶の片隅に追いやられているからかもしれないですし、1回目のインプットの時に、自分がどのように考えたか、ポイントは何だったか?ということを思い出そうとすることは、記憶の強化にもつながります。

このあたりのバランス(答えをいつみるのか?)が難しいのです。まるでこれは探し物をしている時に似ていませんか?

探せば探すほど意地になってしまう...みたいな。そして結局見つからなくて、後日に出てくるみたいな。

ですから、あらかじめ悩む時間を決めてしまうのです。

これは何も中高生の勉強に限らず、応用できますのでぜひ試してみてください。

では、何分がいいのでしょう?

諸説あるでしょうが...

色々な本や雑誌の記事を見ると、人間の集中時間は「15分」ぐらい・・・ということが多いです。

これを基準に私は決めています。しかしこれも硬直的でなく、

・ラムスの運営や打合せの内容を考える時→15分から20分
・物理のエッセンスをやっている時→10分
・英語の長文をやるとき→25分

などです。

そして、ここもポイントだと思っていますが...

時間になったら途中でもやめる!!(もちろんあと少しで解けそうなら別ですが・・・その判断も難しいです)。

そしてまず他のことやる!

「えーそんなの気になっちゃうじゃん」という反応が聞こえてきそうです。

それでいいのです!!以前、話したかもしれませんが、これを「ツァイガルニク効果」(確かですが・・・)といい、またそれがやりたくなるというか、脳がそれを忘れないのです。ちょうど、テレビでも中途半端なところでCMにいくと、気になってCM後まで見てしまうのと一緒です。

ですから、一度他のことをやって、また15分後にそれをやってみると新鮮な気持ちでやれたりします。

とはいえ、すべての勉強を「15分」とするのも難しいですよね。

このあたりをどう柔軟にとりいれるか?というところもポイントです。

「想起学習」(アクティブリコール)について

塾長の渡辺です。

今日は「想起学習」というものについて、少し紹介したいと思います。

私自身がこれについての効果を測定できているわけではありませんが、今までの経験値上、効果があると思われます。


また心理学などの面から見ても効果的であることが分かっているようです

⇒例えば少し古いネット上の記事ですが2018年にパスナビという旺文社の受験情報サイトで「吉田たかよし先生」(TVなどでもお見かけする先生で写真を見れば「!」と分かると思います)が触れていらっしゃいます。


私がこの「想起学習」について知ったのは「LIMITLESS 超加速学習 -人生を変える「学び方」の授業」という本の要約を読んでいたことがきっかけです。

そこから少し調べて、私なりに考えたり、思ったりしたことを簡単に紹介します。

●想起学習とは?

単純に言うと「思い出す」ということです。しかしポイントは「何かを見ながら」ではなく、「何も見ずに思いだす」ということです。


なんだ!やってるよ!!と思っている人もいると思いますが...

「何も見ずに」というのを守っていますか?

例えば「ノートやプリントを見返す」のは想起学習ではありません。これはあくまで内容を見て確認しているので「インプット」です。

この想起学習(アクティブリコール)は「何も見ない」ということによって、純粋な「アウトプット」をしているということです。


以前から、私やチューターが長々と説明するだけでは成績が伸びないと考えていました。一歩間違えるとそれは教える側の自己満足になりやすいですし、学ぶ側も分かりやすい説明をきいて分かった気になるリスクがあります。

ですから、医進コースや強化クラスでの指導、また集団授業の中でも時折

「今日やったポイントなんだった?」

と生徒に唐突に聞くことがあります。つまり生徒に説明してもらう⇒生徒に先生役をしてもらうということです。


ちなみに数日前にこんなやりとりがありました。


渡辺「昨日、古文文法勉強していたけど何やった?」

生徒「えっと・・・。5つやりました!」

渡辺「その5つは?」

生徒「・・・」

渡辺「気にしない、気にしない。そんなもんだから。今、昨日の問題集持ってるでしょ。あとで確認しておいたら?とにかく、僕らの記憶力なんてそんなもんだから、定期的に思い出してごらんよ」

と。

また、もう1人、単語クラブに参加している生徒には

・単語クラブ後に、その日にやった数学の内容をルーズリーフに思い出して書いてみる!

ということを課題としてやってもらっています。

ちなみに私は今物理の力学を復習しているをほんのちょっとずつしているのですが、帰りの電車の中とか、それこそ朝のジョギングの準備運動など、ふとした時に「昨日どんな問題解いたっけ?そのポイントなんだっけ?公式は?」と考えてみています。

ぜひ、みなさんも「想起学習」する時間を少し設けてみてはどうでしょうか?

といっても、それを導入して習慣化するのが難しいです。そのための仕組みもいつかはトライしたいですが・・・。私なりにちょっとしたアドバイスを。

●想起学習を導入する上でのポイント

①量をよくばらない!
いきなり「数学も英語も化学も」とよくばらない。「1科目で1問だけ」くらいの少量にしよう。継続できるようになる=つまり「0が1になる」と、そこから増やしていくののは簡単であることが多いですし、自分から増やしたいなあという気持ちになることもあります。

②時間を欲張らない!
①の「1科目1問」なら5分くらいでしょうか?5分くらいだけ、何も見ずに粘ってみましょう。それでも出てこなかったら、必ずノートやプリント、参考書で確認しておきましょう。

③トリガーを作る!
トリガーというのは「きっかけ」みたいなものです。以前「ざんねんな努力」という、努力の仕方について物語風で紹介している本で「腕立てをする男」というのが出てきます。詳細は忘れてしまいましたが、「確か○○な女性を見たら腕立てを10回する」みたいな感じだったと思います。

例えば
・今ラムスの単語クラブに参加している人なら、単語クラブのあとの5分
・お風呂に入る前の5分
・ご飯を食べる前の5分
・寝る前の5分

などです。

そして、それをすることを「できる限り多くの人に宣言すること!」も有効です。これも「ざんねんな努力」に出てきた内容ですが。しかしこの手法はなかなか難しいかもしれませんが、効果は抜群です。実際、私はこれによって

・帰りの電車の中で英語字幕で映画を見てリスニングの勉強をする。

などを実行しています。またここでこれを宣言することで、もう逃げられません...(汗)。

上記のような方法を導入することに否定的な人もいますし、無理にする必要はありません。

しかし、「これいいかも??」と思ったものを試してみるかどうかで大きな差や変化を生むことがあります。チャレンジしてできなかった自分を責めてはいけません。

また保護者の方もお子様に「この前~するっていったじゃん」と責めない方がいいと思います。

責めるよりも「もう1回チャレンジしてみたら」とか「継続って難しいよね。ご飯の前にダイニングテーブルでやってみたら?それからごはん出すようにするから(実際、保護者の方にとってはお子様にそこまで合わせる必要があるのかどうかという議論はおいておいて)」とか、少しでも彼らが変わるきっかけづくり、環境づくりができたらいいのではないかと思います。

自分のやり方にこだわる生徒

こんにちは。塾長の渡辺です。

今日のテーマは「自分のやり方にこだわる生徒」の話です。

以下はある入塾希望の保護者の方と話していた時のことです(ちなみに以下の類の話は結構あります)。

☆☆☆☆☆

渡辺「特に中学生2年生ぐらいまでだと、自分のやり方にこだわる生徒が一定数います。」

保護者「まさにうちの子はそんな感じです。私がまだ数学は教えられるので見ているのですが、よくあります。」

渡辺「そうですね。たとえば、2次方程式を解く時に、たすきがけをした方が速い、というかそのような解法も習得すべきなのに、常に解の公式でやってしまうとか...」

保護者「そうなんですよ!!今の塾長の言葉がグサッと刺さりました...」

☆☆☆☆☆

以上のようなやりとりでした。

実はこの保護者と面談した後も、同じようなこと(生徒が自分のやり方に固執して解答のやり方を全くおさえていない)ということが、実際に指導している中でもありました(それも1人ではなく、何人かいました)。

なぜ、こういったことがあるのか???

もちろん、いろいろな原因とか、生徒の言い分もあると思います(例えばある生徒曰く、「いろいろ解法悩むくらいなら面倒でも1つのやり方で決めた方がラク」→これは一理あります。実際私も参考書のこの解法は独特だから、他の例題の、普遍的なやり方でやった方がいいよ!と指導することがあります)。

しかし、このような生徒へのメッセージとして言っているのが、


チャートの解法というものは
・0から自分で考え付いて生み出そうというものではない。
・定石解法として、理解して暗記していくもの。
・だから答えがあっていようがいまいが、必ず解答をしっかり読んで、その解法でできるようにするのが基本。
・もちろん、〇〇くんが考えた解法の方が、優れていたり、普遍性があったりすることもある。
・そう思う時こそ、先生やチューターさんにどっちの解法がいいのか?チャートの解法はマスターすべきなのか?を相談しよう。

そうなんです。チャートなどの参考書の例題の解法というものは、理解して暗記すべきものなのです。

*この理解つき暗記というのは難しいところですが...。私は他の科目でも、単なる暗記から、いかにストーリーをつけて暗記するかなど暗記にはいろいろあるよ!と生徒に言っています。そして同じ問題でも、ストーリーなんかいらない!という生徒もいれば、絶対それが必要!という生徒もいます。

このあたりのことを考えないと、

チャートの例題を自分の力で解く=チャートの解答などを見ず(または理解しようとせず)、自分のやり方で解く⇒我流になり点数が安定しない・伸びない

ということになってしまうと思います。

もちろん、何も考えずに答えを暗記さえすればいいというわけではないのですが...

こういった状況をどう改善するかがポイントですが、特効薬というものはないのかもしれません。

しかし繰り返しメッセージを生徒に送ったり(決して自分の力で考えようとする生徒を叱るのではなく、上で触れたようにチャートなどの解法を「知るべきもの」なんだということを繰り返し伝える)、個別指導などにおいてまずはしっかり模範解答を作ってもらうなどすることも、解決につながると思っています。

そしてそのような定石解法を身につけた先に、応用問題と格闘する喜びがあるのです。

4月5日(月)から5月2日(日)までのゼミ予定(千種本校)

塾長の渡辺です。

4月5日からのゼミスケジュールをご連絡します。

オンラインでの受講が一部の授業でできます。希望する場合は、早めに「LINE ラムス公式アカウント」に登録してもらい、メッセージでその旨をご連絡ください。

今までオンラインで受けたことある人は、IDが新学年になりますので注意しましょう。

春期講習中はブログが更新できませんでした。

春期講習では

・古文の読解講座
・英文解釈はじめの一歩

それから単語クラブがなんと「20人ごえ!」の新記録達成!

などのニュースがありました。

また塾生の保護者の方や入塾を希望される方との面談の機会も多く、いろいろなご相談をお受けしました。

そのような中で、これは他の生徒や保護者の方も気になるかもしれない...ということもありましたので、折に触れてご紹介したいとも考えています。

生徒や保護者の方の声というのも、私たちにとって今までの取り組みを評価しなおしたり、改善したりする契機となります。もちろんすべてを反映することはできませんが、何か気になることなどございましたら、お気軽にお声をかけていただければと思います。

本年度もよろしくお願いします。

ラムス塾長 渡辺

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ