ラムスかわら版

ラムスかわら版 - TOPICSカテゴリ

古文文法ゼミ実施中

塾長の渡辺です。

なかなか12月に入り、事務連絡でない内容のブログを書くことができませんでした。

今日は少し時間があったので、この冬休みにラムス千種本校で行っている古文文法ゼミについて報告します。


●古文文法ゼミ助動詞編
全4回とテスト1回のうち、2回が終わりました。
当初は10人くらい参加してくれればいいかなあ・・・と思っていましたが20人以上の生徒が参加してくれているのでうれしく思います。

先日、受講した生徒からしたら20人もいたっけ?と思うかもしれませんが、10人弱の生徒はzoomで受講していたので・・・。オンライン同時配信できるというのは、受講できる自由度が高まるという意味では便利だなあとつくづく思います。

実際に受講している生徒からは

【プラスの意見】
・今まで丸暗記で学校のテストをやっていたから、論理的に考えるきっかけになってよかった。
・復習になった。
・いつもラムスで強化クラスで個別形式なので、集団授業というのは新鮮だった。

というものから

【マイナス??意見】
・盛りだくさんで大変。
・今まで何も考えずにやっていてそれであってきたからびっくり。むしろどうルールを使ったらいいかわからない(焦り)⇒★

というものがありました。

もちろん私としてはプラスの意見をとてもうれしく思いますし、励みになります。その一方でマイナス?意見の★に注目したいと思います。

国語という科目においては特に「なんとなくできる」ということがあります。

もちろん、それでできる人、もしくはできているうちはいいのですが、それが徐々に学年が上がったり、大学入試になったりすると

「中学までは何となくで正解してたのに、全然できなくなった!」

という生徒が増えます。

そしてその「なんとなく解く」ということから「論理的に解く(読む)」ということへの移行(それでも感覚的な部分は残ります)には時間がかかります。そしてそうしようという意識が大切です。

また高2以下であれば、できる限り論理的にとらえようという姿勢を身につける時間があると考え、このゼミを設定しました。

今回の4回で助動詞のルールの大半は伝えることはできます。あとはそれをチェックする、定着してもらえるためにどうするかを考え中です。

その1つとしてラインをつかって定期的に

・重要ポイント
・簡単な設問

この2つをラインで流すということを考えています。または

・火から日まで実施の単語クラブとのコラボ

なども考えていますが・・・

昨日、ラインで簡単な設問を流したところ返信は...

5件...

少ないなあ...とみなさんは思うと思います。私もそう感じなくはありません。

しかし最初はそんなもので、何事も浸透させるには継続が必要です。

実際、3人から始まった単語クラブもこの冬休みは10人ほどが参加してくれています。

勉強も同じ!浸透するまで継続しましょう。そして継続できるように自分自身が燃えることが講師の役割であり、塾の役目だと思っています。

計算ミスする確率が1%だと・・・??

塾長の渡辺です。

先週の木曜日と金曜日に保護者会を行いました。なかなかまとまりのない話になってしまい、申し訳ありませんでした。

ですので、その中で話したことの一部をもう1度お伝えしようと思います。


テーマ:1つの試験で計算のプロセス(解答の転記なども含む)が100あるとします。そして生徒がミスをする確率が1%だとします。少なくとも1回ミスをする確率はどれくらいでしょうか??

このような問いを投げかけました。

最近、特に低学年⇒中3においては

「計算は大切」

ということはもちろん

「いかにミスを見つけるか??」

ということ、つまり

「検算すべきところ」「検算の仕方」

というものを意識的に伝えるようにしています。人間は必ずミスをします。それは試験という緊張する場面ではなおさらです。いくら気を付けていてもです。

ですから日ごろからの訓練で

・間違いやすいところを把握する(そのためにはどんどんミスをすることも大切です)。
・そのミスをどうやった見つけるか(検算するか)を考えて実行する。

ということが重要です。

その中で、定期的にテーマのような話題を振ります。

さあ、テーマにあげた確率はどれくらいでしょうか?

もうお気づきのかたもいるかもしれませんが、テーマの問いは

「あたる確率が1%のガチャガチャを100回ひいたら、少なくとも1回当たる確率は??」

と言い換えることもできます。このようにいうと、スマホのゲームのガチャではありませんが、生徒にとっては一層身近な話題となります。

そのようなメッセージを繰り返し伝え、時には彼らの答案をもとに指摘することで、はじめてメッセージが届くようになります。

さて、表題に対する答えは・・・

64%

つまり1%の確率で計算ミスなどをする場合、100プロセスやると6割以上の確率でどこかでミスをするんです。

それが0.1%のミス率でも10%ぐらいの確率でどこかでミスをします。

そのミスが入試の(1)で、そのせいで大問1つを落とすなら...名古屋大学なら125点ぐらいの失点です。

そう思うと恐ろしいですし、だからこそどう検算するか?ということが大切になることが分かってもらえると思います。

先取りすべきか否か?

塾長の渡辺です。

今日は「先取り」についてのお話をします。

まだまだコロナは収束する気配はありませんが、それでも5月ごろに比べれば、個別説明会にいらっしゃる保護者の方が増えました。そういった中で、

・他の塾に行っているが先取りはすべきなんでしょうか?
・今まで先取りをしてきたはずなんですが、学校のテストの点数がとれません・・・

という相談を複数の保護者の方から受けました。

確かに「先取り」というのは非常に魅力的なワードです。そしてこれについてはっきりブログでお話したことはないと思い、今回はこのテーマを選びました。

まず私が言いたいのは

・「先取り」=「アドバンテージ」という等式が成り立つ生徒は案外少ない

ということです。

高校の内容というのは非常に高度です。ですからいくら有名な先生の解説を聴いたり、すばらしい参考書の説明を読んだとしても理解するのには時間がかかります。そしてたとえ、それを理解できたとしても定着し自分のモノとするためには豊富な演習が必要になります。

かなり前ですが、ある高校から首都圏の医学部に進学した生徒がラムスにいました。

その生徒は高2の段階で数学Ⅲや物理化学のほとんどを終えていました。そして私が彼との指導の中で残っているのが、

・しつこいぐらいの質問

でした。先取りは映像授業か何かでしていたようですが、その分野を数学でいえばチャートでしっかりやっていたのです。そしてノートや解説を開いて、それこそ僕やチューターさんが見落としがちなことまで「ここはどうなんだ?」「なぜこのような解法をするのか?」と、まさに質問の集中砲火みたいな感じでした。

彼とのやりとりで私自身もかなり数学力が伸びたと思います。

さて、たとえば数学の先取り授業などを聴いて

①そのテキストを最低限復習1回は復習する(2,3日のうちに)
②できればそのテキストを1か月後などにもう一度復習する
③さらに不安ならば問題演習を学校の問題集などでやってみる

ということをやっている生徒がどれくらいいるでしょうか?①さえやっていない生徒が多いような気もします。

最低限②ぐらいまではやらないと先取りしたことも忘れやすくなってしまいます。

そんなの学校の勉強と両立できない・・・という声もあると思います。しかし、学校の勉強をないがしろにして、それこそ平均点前後や切ってまで先取りする必要はありません。むしろそれは中途半端でマイナスです。

まずは学校でやっていることを優先する方が、学校の授業が無駄にならず効率的です。

ラムスでも、一部の生徒は医進コースや強化クラスで先取りをしています。その場合はかなりの量をやってもらいます。

数学で例を挙げれば

①2.5時間でチャートなどを使って基本例題を先取り
②宿題としてそのチャートのやり直し、または学校の問題の該当範囲の演習
③②までの質問フォローなどをした上で、チェックテスト。
④③が甘いようなフォローテストや②③の繰り返し
です。

先取りが有利になるのは、あくまで将来の理解と定着に必要な時間を、今投資するからです。決して、先取りするから、理解のための時間が少なくて済むというわけでないことを理解してもらいたいと思います。

共通テスト演習開始(高3・卒)

塾長の渡辺です。

9月末の日曜日から千種本校では共通テスト対策演習をはじめました。

これは月曜日の英語、火曜日の数学でやっている共通テスト対策ゼミ(演習&解説)とは違ういものです。

具体的には

①希望者が集まって、一斉に模擬問題を解く。
②マークシートを回収。
③各自復習⇒質問があれば質問タイムを利用。
④後日、平均点と成績優秀者を掲示

という流れです。

何気ない、単なる演習ですが、ポイントは①にあります。

テストの緊張感というのは、1人でやってもなかなか出ません。

しかし、緊張感の中、高得点を取りたいという気持ちの中

・どの問題に時間をかけるのか?
・難しい問題が出たとき、どれくらい粘るのか?
・時間をかければ解けそうだが、解くのか後回しにするのか?

という判断、見切りは実戦でしか身に付きません。これは受験生ではない高2以下の生徒の定期テストでも重要なことです。

理性では

1つの問題で粘ってはいけない!

全体を見ないといけない!

とわかっていても、視野が狭くなりパニックになるのが私たちです。

そしてそれの対策は、実践に近い演習を重ねて、ぎりぎりの状態を経験し、そこから自分の性格や学力、目標点を踏まえて作戦を考えることです。

考える中でいろいろと悩みがでるので、そういったときは講師に相談しましょう。

昔のラムス生の活躍→ブラックホール

塾長の渡辺です。

先日、4、5年前の卒業生から「卒業発表を見てください」と連絡ありました。

稲熊さんという物理を学ぶために東京大学に進学したのですが、彼女のテーマが「ブラックホール」!

まさに今回のノーベル物理学賞のテーマと同じものでした。

ブラックホールというと、聞いたことはあるけど、なんかよくわからない吸い込むもの!!という素人レベルのイメージしか私にはありません。それを研究なんてどうすればできるのだろう・・・ということを卒業生がやっていると知り、興味がわき、動画をみました。

一部難しいところもありますが、なんとなくはわかる内容でもあるので、みなさんにご紹介しようと思って、今日はこの内容を記事にしました。

動画のURL→https://youtu.be/Ip-xCc7hu44

稲熊さんの発表は3時間5分くらいのところからです。

思い返すと、卒業生はいろいろなところで活躍しています。

名古屋市の中学校の教員になっていたり、

大学院で「カプセル薬の粉が均一に混ざるための研究」をしていたり、

医者として患者さんを見ていたり、

テレビ局で働いていたり、

本当にいろいろです。

いずれにしても、彼らが社会に貢献していると知るとうれしくもあり、すごいとも思いますし、私自身にとって良い刺激となります。

彼らに負けないように、これからも精進していきます。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

月別アーカイブ