ワンポイント講義動画

RAMS予備校の講師陣が問題の解き方や学習のポイントを説明します。

難しい問題やよく間違えてしまう問題など、RAMS予備校の講師陣が丁寧に説明します。新作の解説講義動画も続々と追加中。

逆滴定の解法(酸と塩基/中和滴定)

登録日: 2015年1月 3日 11:36

中和滴定の問題の中で、中級と発展の間にあり質問が多いのが「シュウ酸2水和物」の問題、「逆滴定」の問題、「炭酸ナトリウムの滴定(2段階滴定)」の問題の3つです。

今回はそのうちの「逆滴定」について説明します。

「逆滴定」とはいうものの「何が逆なんだー??」という人も多いと思いますが、実はあまりその問題のネーミングにこだわる必要はありません。要は中和の条件とは

酸の出す水素イオンのモル=塩基の出す水酸化物イオンのモル

が成り立てばよいわけです。

一般の中和滴定は「塩酸と水酸化ナトリウム」のように酸と塩基が1種類ずつです。それに対し、逆滴定は酸が2種類、塩基が1種類というパターンなだけです。そこをきちんと整理して解けば問題ありませんので、是非動画を視て解法をマスターしてください。

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

カテゴリー