ワンポイント講義動画

RAMS予備校の講師陣が問題の解き方や学習のポイントを説明します。

難しい問題やよく間違えてしまう問題など、RAMS予備校の講師陣が丁寧に説明します。新作の解説講義動画も続々と追加中。

ワンポイント講義動画 - 古文カテゴリ一覧

古文の助動詞接続を「もしもしかめよ」で覚えよう!

古文の助動詞接続を「もしもしかめよ」で覚えよう!

古文の助動詞の接続とは、その助動詞の上にどんな活用形(未然・連用・終止・・・)がくるのかということで、助動詞の識別の際に利用します。

例①~食はぬ
例②~食ひぬ

上の2つの「ぬ」は①が打消「ず」の連体形、②が完了「ぬ」の終止形です。「食べない」と「食べた」では意味が全く逆ですよね。なぜこのような識別が可能かというと、打消の「ず(連体形は「ぬ」)と完了「ぬ」で接続が違うからです。詳しく説明すると、

①未然形+ず(「ず」の連体形は「ぬ」)
②連用形+ぬ

となるからです。

この接続を「もしもしかめさん」の歌にあわせて覚えましょう。
歌詞は校門や書店で配布しているティッシュでもらった人もいるでしょうし、もちろんここでもダウンロードできます。
ぜひ、筆箱の中に入れておいたり、トイレにはったりと、多く目に触れることでおぼえてくださいね。

動画の中では僭越ながら、私渡辺が「もしもしかめさん」のリズムに乗って歌っています・・・

img_song.jpg

古文の助動詞接続を「もしもしかめよ」で覚えよう!のワンポイント講義動画視聴はこちらから

助動詞「る」「らる」の識別

助動詞「る」「らる」の識別

ラムスでは古文文法(助動詞・助詞・敬語)を塾長の渡辺が解説した動画で学ぶことができます。今回はその一部を紹介します。
受身・尊敬・可能・自発とありますが、その識別の基本的なポイントは

①受身は「~に」というのがあることが多い(または補える)
②尊敬は「尊敬語+る・らる」の形が多い(多いだけで「普通の動詞+る・らる」もある)
③可能は「~れず」のように下に打消を伴うことが多い
④自発は「心情語または知覚動詞+る・らる」が多い

ということですが、当然文脈も大切です。助動詞って難しいなあというアレルギーを、動画という気楽に見れる手法を使って克服していきましょう。

助動詞「る」「らる」の識別のワンポイント講義動画視聴はこちらから

敬意の方向をマスターしよう!

敬意の方向をマスターしよう!

敬意の方向はよくある質問のうちの一つです。まず基本は

・尊敬語は動作主(主語)への敬意
・謙譲語は動作の受け手への敬意
・丁寧語は読者もしくは話の聞き手への敬意

ということを確認しましょう。

特に「動作の受け手」についてよく分からないという人は、是非動画の中のように図式化するといいですよ。「動作の受け手≒被害者≒矢印の刺さっている人」と覚えるといいでしょう。

また2方面の敬意についての質問が非常に多いです。これはどうもみなさんが「どっちかが偉いんだから同時に2人に敬意払うのはおかしいのではないか」という誤解が根底にあります。

このあたりを動画の中では「教頭先生が校長先生に申し上げなさった」という例文で説明しています。

敬意の方向をマスターしよう!のワンポイント講義動画視聴はこちらから

ラムス予備校では無料体験授業のお申し込みを受け付けています。

無料体験授業のお申し込みはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

ラムス予備校への入塾に関する相談やお問い合わせはこちらから

カテゴリー